教育理念・教育目的・教育目標・アドミッションポリシー

教育理念

人間尊重の理念を基本とし、保健・医療・福祉施設や地域において、地域住民や健保の被保険者の健康を高め生命に奉仕できる看護師を育成することを責務としている。

看護の対象であるどんな人々に出会っても、知的な関心と人間的な関心と技術的な関心を重ねて注ぐことの出来る主体性と倫理観をもった看護師を育成する。

学校は、看護師として必要な知識や技術及びそれらを活用していく思考過程を、学生が主体的に学習できるように支援する。

また、人間本来がもつ主体性と創造性を尊重し、自ら判断し責任をもって行動できるよう支援する。

教育目的

人間尊重の理念を基本とし、人々の生命と健康を守るため、いつの時代にあっても変わらぬ看護の本質を見極め、科学的思考を基盤とした看護実践能力と共に、変動社会の中で主体的に対処できる基礎的能力を養う。

教育目標

  1. 自己を知り豊かな人間性を養う。
  2. 人間の生命と、ひとりひとりの尊厳や価値観を大切にするこころを養う。
  3. 人間を、からだがあり、こころがあり、社会とのつながりの中で生活している存在であると理解できる。
  4. 人々の健康を、自然や社会との相互作用の視点から理解する能力を養う。
  5. 科学的思考に基づき、あらゆる健康の状態とひとりひとりの生活に応じた看護が実践できる基礎的能力を養う。
  6. 保健・医療・福祉に関する制度と他職種の役割がわかる。チーム医療の一員として看護の機能を理解し実践すると共に、社会資源を活用するための基礎的能力を養う。
  7. 社会情勢の変化に関心をもちながら、自ら考え学び続ける態度を養う。

アドミッションポリシー

「人との関係をつくりながら、自分のなりたい看護師像に向かい、諦めずにやりぬくことができる人」

  1. 看護師になりたいという意志がある。
  2. 柔軟な発想と論理的思考の基礎となる学力と体力を有している。
  3. 人に関心を持ち、人と関わることができる。
  4. 自分のなりたい看護師像に向い、自ら学び、自身を成長させる努力ができる。
  5. まわりの人に感謝し、みんなで伸びていこうとする。

ページトップに戻る