卒業生の部屋

「カムバックデー」や「ボランティアの案内」、「証明書発行」については「卒業生の方へ」ページをご覧ください。

卒業生の方へ

同期の力

42期生
2018年8月20日

松下看護専門学校を卒業して、看護師として働いて、早くも4ヶ月が過ぎました。

私は松下記念病院ではなく、とある救命救急センターに就職したので、松看の同期のみんなとは離れて日々臨床で頑張っています。

この4ヶ月はあっという間に過ぎました。初めて働く病院の環境に慣れることに加えて、日々の業務も覚えていかなくてはなりません。

私の病院では、4月から夜勤も始まり、受け持ちも始まりました。

最初は分からないことばかりで、どうしたら良いのかわかりませんでした。

救命救急センターという特色から、患者さんは急性期の状態ばかりです。

もし誤薬したら? 自分のケアで急変したら?

その責任の重さを日々感じる毎日で、そのプレッシャーに押し潰されそうになることもありました。

しかし、患者さんと毎日関わっていくと「ありがとう」と言われたり、病気や事故により、意識がぼんやりしていた患者さんがリハビリテーションできるまでに回復したりと、看護師としてやりがいを感じる瞬間も最近では増えてきました。

そして、今でも松看の同期とは定期的に連絡を取り合い、互いの近況を報告しています。

病院や病棟が変わると看護技術やケアは異なりますが、みんなが悩んでいることや課題は似ていて互いに励ましあったりしています。

このような仲間に恵まれて、松看で学べて良かったなと今さらながら感じています。

看護学校で苦楽を共にした仲間は、看護師としても頼れる仲間です。厳しい実習や国試を一緒に乗り越えられたからこそ今があるのだと思います。

離れていても同期と共に、切磋琢磨しながら看護師として成長していきたいと思います!

松看カムバックデー(41期生)

41期生
2017年11月10日

卒業して3ヶ月が経ちました。

看護師として患者様と関わる中で、改めて責任の大きさや仕事のやり甲斐を感じる日々を過ごしています。

新しく学ぶ事が沢山ありますが、学生時代に培った「自ら学び行動する力」がとても役立っています。

自分の目指すゴールに向けて、今何が必要なのかを考え行動する力は看護にも自己研鑽にも欠かせない力です。

在校生のみなさん、今学んでいることは、必ず活かされます。

仲間と助け合い協力しながら、目指すゴールに向かう事を応援しています。

松看を目指す受験生のみなさんへ。

松看は先生方や先輩の温かな指導の中、看護師として必要な知識や技術だけでなく、社会人として必要な自主性を学べる学校です。

自分のなりたい看護師像に向けて、同じ目標をもつ仲間と学びませんか??是非お待ちしています。

お帰り40期生(カムバックデー開催)

40期生
2016年5月10日

3月に卒業した40期生がカムバックデーで学校に集まりました!!

今年からこのカムバックデーは、松下記念病院新人研修プログラムの一環となりました。

なので、松下記念病院に就職した人は勿論、他の病院に就職したみんなも集まり、約30名の参加者が、ジュースやお菓子・ケーキを食べながら、和気藹々!ワイワイ・がやがや♪と賑わい、いろんな話に花が咲いていました。

参加者の一言メッセージより
  • 日々クタクタですが何とかやってます。
  • 同期がいてるからこそがんばれてます!!
  • 男子一人でもなんとかやれています!!
  • 食と睡眠大切にして頑張ってます!!
  • なんとか毎日楽しくやってます。
  • 相変わらず松看が大好きです。
  • 松下記念病院行った子達に負けないようにがんばります!

看護師として働きだして1ヵ月。戸惑うことや慣れないことも多いと思います。

日々勉強!新たな発見や、疲れも吹き飛ぶような患者さんとの素敵な関わりなど、いろんな経験を若い力でドンドン吸収し、1歩1歩「自分がなりたいナース」に向かって頑張ってください☆

ページトップに戻る