パナソニック健康保険組合
  • パナソニック健保・ホーム
  • 総合サイトマップ
  • お問い合わせ
パナソニック健保TOP > 健康管理センターTOP > 施設概要 > 健康管理センター・健康管理センター(東京)

健康管理センター・健康管理センター(東京)

設立

1959年1月 【松下病院 健康管理部として発足】

設立趣旨

パナソニックグループ被保険者・ご家族および事業所に対して、
一次予防(健康教育等を通じた正しい生活習慣の習得)と
二次予防(健診等による疾病の早期発見・治療)を行うことで健康の保持・増進を図る

特長

  • 一次予防と二次予防を一体かつ早期から取り組み
  • 事業主責任業務(定期健診・産業医配置・海外対策)等を事業主の委託を受ける形で実施
  • 全国の事業所約160ヵ所に健康管理室を設置し、健康管理センター・産業衛生科学センター新しいウインドウを開くと一体となった運営
  • パナソニックグループの健康づくり運動である「健康パナソニック新しいウインドウを開く」の支援

このページのトップへ

主な沿革

1957年2月 結核集団検診用X線バスを設置。事業所集団検診開始
以降、胃部、循環器、血液関連、大腸等の集団検診を60〜80年代にかけて順次開始
1957年4月 当時の松下グループの3診療所を会社から健保組合の直営に移管
1959年1月 松下病院に「健康管理部」を創設。直営診療所を健康管理室と改称
1963年9月 大阪府守口市金下町に松下健康管理センターが完成
1964年4月 「東京健康管理部」が発足
1980年6月 海外医療巡回健康相談を開始
1980年7月 旧松下東京健康管理センターが東京都港区芝大門に完成
1986年3月 松下健康管理センターが守口市外島町に松下記念病院新しいウインドウを開く等と共に新築移転
1992年6月 東京都大田区東六郷に「東京健保ビル」が完成し、松下東京健康管理センター新しいウインドウを開くが移転
2001年4月 健康松下21新しいウインドウを開く」運動を開始
2004年10月 ドック健康診断をリニューアル
2006年3月 日本総合健診医学会優良施設認定
2006年4月 PET-CT設置・運用開始
2007年12月 人間ドック・健診施設機能評価認定
2008年4月 特定健診・特定保健指導開始
2008年10月 母体企業の社名変更に伴い、「パナソニック健康管理センター」に改称
2011年4月 健康管理センター・東京健康管理センター・産業衛生科学センターの統括組織として産業保健センターを設置
2012年4月 日本産業衛生学会・専門医制度研修施設認定
2012年10月 「健康管理センター(東京)」が東京都港区西新橋に移転
2012年10月 「共同健康管理室(首都圏)」、2013年4月「共同健康管理室(近畿)」開設
以降、全国6箇所に設置(2019年4月現在)
2015年4月 ドック健診等の健(検)診機能を松下記念病院へ移管
2016年4月 電子カルテシステム(Web Hains-GX)の導入
2017年4月 全国健康管理室の産業保健業務を受託化

このページのトップへ

運営責任者

健康管理センター

所長: 伊藤 正人

このページのトップへ

所在地

健康管理センター

〒570-8540 大阪府守口市外島町5番55号

電話:06-6992-7070

健康管理センター(東京)

〒105-0003 東京都港区西新橋3丁目8番3号 ランディック新橋ビル3階

電話:03-5777-8911

このページのトップへ

主要業務

  • 定期総合健康診断(委託)
  • 精密検診、定健後検査(直接・委託)
  • 各種健康づくり・健康教育活動
  • 特定健診、基本健診、定期健診、オプション健診(東京のみ)
  • 海外渡航者健診、海外医療巡回
  • 復職支援委員会

このページのトップへ

組織図

組織図

このページのトップへ

スタッフ数(常勤職員)

2019年4月1日現在

部門 医師 看護職 医療・
技術職
事務職 合計
健康管理センター 9 24 2 15 50
健康管理センター(東京) 5 9 6 5 25
健康管理室 44 180 0 0 224
58 213 8 20  

このページのトップへ