病院のご紹介

病院概要

臨床倫理に関する方針

  • 『WMA医の国際倫理綱領』および松下記念病院の『職員倫理要綱』を遵守し、患者の尊厳、人権に十分配慮して質の高い医療を提供する。
  • 終末期医療、宗教上の輸血拒否、身体拘束、生殖・周産期医療、人工妊娠中絶、臟噐移植など生命倫理に関する問題に対しては関係法規・ガイドラインを遵守し、信頼される医療を提供する。
  • 医学・医療の発展のために臨床研究・臨床治験を積極的に遂行し、その実施については、倫理審査委員会ならびに治験審査委員会において、適正な審議、検討を行う。その際、ヘルシンキ宣言はじめ各種指針・ガイドライン、関係法規を遵守する。
  • 医療行為の妥当性に関する問題や生命の尊厳に関する問題など臨床倫理に関する課題が生じた場合は、主治医及び主治医以外の医師のみならず事務方も含む多専門職種の病院関係者において検討協議した上で、最善の治療方針をとることとする。解決困難例に対しては医の臨床倫理委員会にて討議し、最終的にその方針を決定する。