診療科・部門

部門のご紹介

薬剤部

当院薬剤部では、患者さまを中心に考えた医薬品の適正使用を推進し、より安全かつ適切な薬物療法が行われるよう、専門的知識の修得と技術の向上に努めています。また、医薬品在庫管理や医薬品の運搬などの業務を外部委託することで、より薬剤関連業務に集中し、患者さまに質の高い服薬指導が行えるようにしております。

パナソニック(株)とのコラボにより、注射薬払い出し装置や病院内自律搬送ロボット「ホスピ-」を導入し、調剤業務・医薬品搬送業務のリスク軽減及び効率化を実現しています。

お知らせ
【薬剤師会・薬局・保険薬局のみなさまへ】
>> 詳しくはコチラ
【患者さまへ】
>> 詳しくはコチラ
薬剤部の方針
  • 患者さまやご家族に信頼される安全で質の高い薬物療法を提供します。
  • 患者さまに満足していただけるホスピタリティを提供します。
  • 地域の医療機関や保険調剤薬局と連携し、地域貢献・社会貢献をめざします。
  • 高度な知識、技術、実践能力を備えた薬剤師の育成につとめます。
  • 働きがいと誇りを持てる職場環境を整備し、それを患者さまの満足につなげます。
薬剤部の業務
入院調剤

内服・外用・注射薬の調剤を行います。

当院では、電子カルテシステムを導入し、処方内容の自動鑑査、薬歴の管理、「重複投与」「相互作用」のチェックが可能になっています。

錠剤分包機を用いた内服薬一包化、一包化薬鑑査システムを用いた鑑査、注射薬払い出しシステムを用いた患者毎・一施行分毎のセットなどで、調剤時と施行時の安全対策を行っています。

また、後発医薬品の採用に積極的に取り組んでいます。

無菌調製

NSTのメンバーと連携し栄養設計を行った中心静脈栄養を薬剤部内の無菌室で混合調製を行っています。栄養設計された中心静脈栄養は相互作用を確認し、複数の薬剤師で監査した後調製を行っています。

抗がん剤の鑑査・調製

入院・外来共に抗がん剤の処方内容については電子カルテや薬剤部内の抗がん剤管理システム(redman)に基づき、投与量・投与間隔・生涯投与量などの薬学的チェックを行います。

「がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン」に基づき安全キャビネットを用いて混合調製を行い、揮発性の抗がん剤に対しては閉鎖式薬剤移送システム(CSTD)を使用して調製を行っています。さらに、調製時にはパナソニックとコラボして開発した遠隔監査システムを用いて監査を行っています。遠隔監査システムとは安全キャビネット外からネットワークを用いてリアルタイムに抗がん剤のミキシング業務を監査できるシステムであり、抗がん剤曝露の問題や人員配置、コスト面、医療安全からも非常に優れたシステムです。

化学療法を受けられる全患者さんの副作用発現・検査値等を確認し、化学療法が安全かつ有効に実施されるように努めています。

午後の時間帯には外来化学療法室へ薬剤を自律搬送ロボット(HOSPI)が搬送しています。

病棟薬剤業務(症例カンファレンス)

病棟専任薬剤師が病棟に常駐し、勤務医の負担軽減のほか、薬の専門家として、医療安全及び薬物療法の質の向上、薬剤費の削減等に関する業務を推進しています。

また、入院される患者さまに、使用しているお薬を持参いただき、服用状況の確認やアレルギー歴や副作用歴などの基本情報を収集し、医師・看護師等に情報提供しています。

薬剤管理指導業務(心臓病教室、糖尿病教室、母親教室)

薬剤師が患者さまのベッドサイドにて、薬の服薬意義の説明や副作用の発現状況の確認、インスリンや吸入薬などの手技指導や薬・サプリメント・健康食品などに関する質問や相談に応じます。

また、退院時には施設間情報提供書を作成し入院中の経過を地域の病院・薬局と共有することで地域が一丸となって患者さまをサポートしています。

母親教室・出産後の退院指導・糖尿病教室・心臓病教室に参加し、対象患者さまに薬の説明を行うなど、チーム医療に貢献しています。

医薬品情報業務(DI業務)

薬の新しい作用や副作用、安全性情報等、様々な情報が厚生労働省、PMDA(医薬品医療機器総合機構)、製薬会社などからも提供されます。

薬が安全・適切に使用されるためにそれらの情報を収集・整理し、管理しています。

また必要な情報は速やかに医師・看護師等の医療従事者に提供すると共に、適宜、病棟専任薬剤師と情報共有を行い、薬の適正使用を推進しています。

外来部門
  • 患者支援連携センター

患者さまの入院が決定した時点より多職種と協働で早期に介入し、患者基本情報の収集、サプリメントを含む常用薬の確認、周術期への対応、常用薬の説明を行ないます。これにより、外来診療から入院診療へ円滑につなげる役割を担っています。また、退院後も安全で安心した薬物治療の継続ができるよう、多職種協働の退院時共同指導に参画しています。

  • 薬剤師外来

外来で化学療法(内服、注射)を受けているがん患者やご家族に対し、これまでと同じ生活が維持出来るように抗がん薬治療や副作用症状、治療による日常生活での困りごと、その他サプリメントや健康食品を含む薬の面からサポートしています。

  • デバイス外来

ヒュミラ等自宅で自己注射を行っている患者さまに対し、自己注射の確認や服薬説明を行っています。

松下介護老人保健施設「はーとぴあ」

入所されている約100名の方の薬の管理を行うと共に、入所時に持参された薬の鑑別や一包化、調剤を行い、安心・安全に薬を服用していただけるように、薬全般の管理を行なっています。

また、スタッフ向けに薬に関する勉強会を開催し、薬についての知識を共有しています。

産業保健センター健康管理センター

海外医療巡回用やイベント用等の薬品を払い出しています。

また、必要に応じて薬品管理等の相談に応じています。

チーム医療
感染制御チーム(ICT)

薬剤師はICT(Infection Control Team)において、院内で起こるさまざまな感染症から患者さまや職員の安全を守るために活動を行い、横断的に病院全体の感染対策活動に従事しています。また、TDM(Therapeutic Drug Monitoring)解析業務などを行い、抗菌薬の適正使用を支援しています。

栄養サポートチーム(NST)

薬剤師はNST(Nutrition Support Team)において、患者さまの栄養状態の改善に努めることを目的に、患者さまの状態に応じた輸液、経腸栄養剤の投与に関するサポートを行っています。また、経管栄養時の投薬方法、特に簡易懸濁法の普及も行っています。

緩和ケアチーム

薬剤師は緩和ケアチームにおいて痛みをはじめとする様々な痛みの症状を緩和するためにオピオイドを含む鎮痛剤や鎮痛補助剤などの適切な使用方法を提案したり副作用を軽減する薬剤を提案したりします。また、患者さまへ薬の服用方法や副作用の説明を行っています。

教育活動
実務実習、新人教育

新人薬剤師の教育

1年目は、薬剤業務に関わる、院内のルールをその成り立ちを理解しながら習い、調剤室の業務(調剤、TPN製剤や抗がん剤の調製、院内製剤、医薬品在庫管理、医師や看護師からの問い合わせ対応など)を実践できるようにします。常に先輩薬剤師に相談、質問できる環境で、チェックリストを用いて進めていきます。また、個人の能力に合わせて進めていくので、安心して業務に取り組むことができます。

おおよそのスケジュール

  • 4月 調剤(内服・注射)
  • 6月 TPNミキシング
  • 8月 ケモ調剤、ミキシング
  • 12月 夜勤
  • 4月 病棟業務
医療の質、パナソニックとのコラボ
ヒヤリハット検討会

毎月部内で起こったヒヤリ・ハットを集計し、部内に向けてヒヤリ・ハット報告会を開催することで、医療事故の未然防止や部内の医療安全への取り組みへの意識改革を目指しています。

医療安全対策(錠剤鑑査システム、ピッキングマシーン)
地域連携
地域DI研修会

門前の院外薬局と情報共有する目的で、月に1回合同研修会を開催しています。

新規採用薬に関連した病態や、ガイドラインの改訂などについて研修しています。

地域薬薬連携セミナー
学会及び研修会発表【2017年度】
学会
  • 当院の高齢者患者における栄養状態への内服薬の影響について(第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会)
  • 調剤薬局におけるインスリン指導に関する実態調査(第60回日本糖尿病学会年次学術集会)
  • 患者支援連携センターでの薬剤師による早期介入の効果検証〜緊急入院患者への拡大〜(第19回日本医療マネジメント学会学術集会)
  • せん妄アセスメントにおけるリスク薬剤の検証(近畿薬剤師学術大会2018)
  • 院外処方箋への検査値記載1年後の有用性検証と疑義照会事例の調査(近畿薬剤師学術大会2018)
  • 「抗微生物薬適正使用の手引き」に基づく当院における抗微生物薬使用状況の調査報告(近畿薬剤師学術大会2018)
  • 自家末梢血幹細胞移植モニタリングシートの作成報告(近畿薬剤師学術大会2018)
  • 地域における吸入デバイスの指導に関する実態調査(近畿薬剤師学術大会2018)
  • FEC療法における遅発性悪心・嘔吐へのステロイドの有用性の検討(日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018)
講演会
  • ICUにおける薬剤師の役割(守口・門真薬薬連携の会)
  • 薬の一般的な知識-薬の副作用やリスクについて(エイジフリー講演会)
  • 骨粗鬆症のあれやこれや〜良い点、悪い点〜(市民公開講座)
  • せん妄ハイリスク患者のスクリーニングに対するチームの関わり(第16回 北河内医療安全フォーラム)
  • 地域で統一した糖尿病治療を目指して〜病院薬剤師の立場より〜(守口・門真薬薬連携の会)
  • 地域で統一した糖尿病治療を目指して〜病院薬剤師の立場より〜(守口・門真 糖尿病スキルアップセミナー)
資格

がん専門薬剤師  1名

がん薬物療法認定薬剤師  2名

外来がん治療認定薬剤師  1名

感染制御認定薬剤師  1名

糖尿病療養指導士  4名

抗菌化学療法認定薬剤師  3名

NST専門療法士  2名

医療安全管理者  1名

認定実務実習指導薬剤師  7名

日本病院薬剤師会認定指導薬剤師  4名

日本薬剤師研修センター認定薬剤師  12名

日本病院薬剤師会生涯研修認定者  8名

緩和薬物療法認定薬剤師  1名

メッセージ

薬剤部は、理念として「最良の薬物療法と、患者さまに満足していただける安全な医療の提供につとめます。」を掲げ、薬の責任者としての責務を果たせる薬剤部作りを進めています。パナソニック(株)とのコラボにより、注射薬払出装置やホスピー(病院内自律搬送ロボット)を導入し、調剤業務・医薬品搬送業務の効率化を実現しています。機械化を進める中、薬剤師は薬学的な見地で業務を行い臨床薬剤師として、本来業務である薬剤管理指導業務、抗がん剤・IVHの無菌混合調製業務、医薬品情報業務等に従事し、院内で活動している医療チームのICT(感染制御チーム)、NST(栄養サポートチーム)、緩和ケアチームにも参加しています。現在、全ての病棟に常駐してお薬の番人役として活動し、最良の薬物療法の提供、医薬品の適正使用の推進、患者サービスの向上に努めています。また、地域医療連携を推進し、患者情報の共有化を図り、安心・安全な医療の提供に貢献できればと考えています。

患者さまのみならず職員も大切にし、温かい職場作りを行い、温かい医療の担い手が集う、そんな薬剤部をめざしています。

人員構成
部長 1名
副薬剤部長 1名
課長 1名
係長 2名
主務 2名
薬剤師 18名
事務 1名
  26名