診療科・部門

部門のご紹介

看護部

看護部の基本方針

人間の生命および人間としての尊厳と権利を尊重し、地域貢献をめざした安全で質の高い看護を提供します。

看護部重点方針
  1. ニーズに対応でき、安心・安全で納得のできる 質の高いケアの提供

    クリニカルラダーの再整備とラダーに沿った教育計画を実施し、継続的な人財育成を行い、アセスメント力、看護実践能力の向上に努めています。

  2. 病院機能・役割に対応した体制整備

    患者さまを生活者と捉え、PFM(入退院支援機能)を活かし、入院前から退院後を視野に入れ一貫した支援を行います。

    地域包括ケアシステムにおける連携強化の為、専門・認定看護師等をリソースとして、またドック健診を含めて地域の皆様の健康増進に貢献します。

    看護外来(ストマケア、フットケア、がん看護、生活習慣病等)の充実と救急外来看護の充実を図ってまいります。

  3. 人員確保・定着、働きやすい職場環境作り

    目標管理にポートフォリオを導入し、対話を大切にしながら一人ひとりのキャリア支援を行います。

    諸データに基づき、働きやすい職場環境の整備に努めます。

看護部の機能組織図
看護部の機能組織図
松下記念病院の教育体制について
  1. 当院では、次のような看護師の育成を目指しています。
    • 専門職業人として心豊かに、あらゆる変化に対応し自律できる。
    • 多様な価値観を受け止め、その人らしい生活を考え、最適な看護が提供できる。
    • 多職種と協働し、チーム医療を推進できる。

    個々の看護師の成長過程を大切にしながら、その成長を支援しています。教育連携委員会では、多彩な研修プログラムを計画・提供しています。

    各自の課題や今後のキャリアの方向性に見合った研修を自主性に選択し、受講できるシステムを取っています。

    教育内容は、看護実践量の向上に留まらず、コンピテンシー(対人関係・倫理・責任・自己成長のための概念図情報指向・マナー・健康管理)の向上も期待した内容となっています。

  2. キャリア開発について

    当院では「個々の看護師が個人のライフスタイルに応じた能力を発揮し、組織の課題との統合を図りながら、職業を通して自己実現に向けた活動をおこなう」というキャリア開発の考え方に基づき、クリニカルラダーを開発・導入しています。

    クリニカルラダー概念図

    ラダー(能力段階)は、『ベナー看護論』の「初心者」「上級初心者」「一人前」「中堅」「エキスパート」の考え方を参考にして設定。日本看護協会の方向性に沿った共通性・互換性のあるラダーにすることで自分の目標に向かって成長できるだけではなく。よりグローバルに活躍できる力を身につけることができます。

    レベル 役割 技術習得レベル
    3ヵ月 チームメンバー

    【初心者】 novice

    ある状況に初めて遭遇した場合、それに対処する為の経験がほとんどない。実践を導くルール・ガイドラインなどの教育が必要。また、分析的過程を使って部分をしっかり見ていくというアプローチや過程の分析を行えるような援助が必要。

    チームメンバー
    日々のリーダー

    【上級初心者】 advanced beginner

    ある程度の実践を積んでおり、同じような状況であれば、その中から意味のある構成要素を引き出したり、ヒントを見極めて認識できるようになる。

    新人支援(チューター)

    夜勤リーダー

    夜間管理代行業務

    【一人前】 competent

    同じ状況もしくは類似した状況で2〜3年の経験があり、現在および予測される状況で重要なことかどうかなどの、本質的な見分けができる。中堅看護師のようなスピード性・柔軟性には欠けるが、場面での統率力・偶発事故への対処・管理能力はある

    固定チームリーダー

    休日管理代行業務

    臨地実習指導

    【中堅】 proficient

    3〜5年類似した患者集団を対象に働いており、直感的な判断を用い状況を部分的ではなく全体として見ることができる。顕著な特徴を認識してその過程においてパターン認識できるようになる(直感的過程)。

    管理代行業務

    看護部組織活動

    研究活動

    【エキスパート】expert

    繰り返しいろいろなものを体験して類似の状況に関しては経験が豊富。状況を理解して適切な行動と結び付けていく場合、直感的に判断し問題領域に正確に狙いを定めることができる。

    「ベナー看護論」の5段階の技能習得レベルより引用

  3. クリニカルラダー

    「臨床看護の実践レベル」のこと

    本クリニカルラダーは、日本看護協会版を基に、看護師の看護実践に必要な実践能力を段階的に表現したものであり、4つの力(ニーズをとらえる力)(ケアする力)(協働する力)(意志決定を支える力)と5つの習熟段階(レベルⅠ〜Ⅴ)で構成されている。

    松下記念病院看護部では、看護実践能力を段階に応じて自己申請を制度化しており、申請方法の詳細は後掲とする。

    クリニカルラダー