診療科・部門

部門のご紹介

外来化学療法室

はじめに

当院では、在宅で高度ながん治療を受けたいと希望する患者さまの生活の質の維持と向上をめざして外来化学療法室を2006年に設置し、抗がん薬による治療を中心に、骨の病変を改善する薬剤での治療も行っています。 また、自己免疫疾患を持つ患者さまに対する生物製剤薬での治療も行っています。

外来化学療法室では責任医師1名、当番医師1名(各科輪番制)、がん化学療法看護認定看護師を含む、専任看護師3名で治療にあたり、緊急処置にも対応できるように内科外来救急処置室の隣に設置されています。

同室内にはベッド5床、リクライニングチェアー10床が配備され、患者さまはいずれかを選択できます。

個人用のテレビを設置しているので、リラックスしながら治療を受けることができます。

外来化学療法の診療体制
運用システム

当院の外来化学療法は専用スペースである外来化学療法室で実施し、専任看護師、当番医師が管理しています。また、安全な抗がん薬投与を行うために化学療法レジメンは薬剤部で一括管理され、専任薬剤師が薬剤部で抗がん薬の調剤を行っています。

患者さまへの情報提供

外来化学療法室では、全診療科の外来でのがん化学療法と自己免疫疾患の治療を行っています。

専任の看護師が、患者さまとのコミュニケーションを重視した看護を提供しています。副作用についての確認を行い、日常生活の指導をパンフレッ卜を用いて行うことで、より安全な抗がん薬治療をめざしています。特に女性の患者さまには医療用カツラ、メイク方法や爪のケアなど専門のパンフレットを用いて説明し、ライフスタイルを一緒に考えています。また、治療に対する不安を少しでも軽減するために、事前に外来化学療法室の見学も行っています。

抗がん薬の専門知識をもった薬剤師を中心に(抗がん薬の)「治療スケジュールや投与量、副作用対策」について、患者様やご家族に治療の理解を深めていただけるよう、わかりやすく丁寧に説明を行っています。「薬の内服状況・副作用出現や痛みの有無や程度の確認」を行い、症状に応じた薬を医師に提案し、苦痛のない治療の提供をめざしています。「抗がん薬以外の薬やサプリメント・健康食品など」の相談にも対応しています。

安心して、安全な抗がん薬治療を受けていただけるようスタッフ全員で患者様・ご家族をサポートさせていただきます。

環境・設備

治療用ベッドとチェアーにはテレビが設置され、室内にはゆったりとした音楽が流れリラックスした時間を過ごせるような環境づくりをしています。また、室内のトイレにはストーマの息者さまがケアのしやすい「オストメイト用」も設置しています。

治療中や治療後の体調不良・発熱・副作用症状・皮下埋め込み型ポート46時間持続点滴の不具合・その他のトラブルについて24時間体制で対応しています。

(平日 8:30〜17:00 各科対応 夜間土日 救急外来対応)

化学療法室トイレ

治療パンフレット

外来化学療法室実施実績
【2017年度】
血液内科 930件
外科 1,334件
消化器内科 318件
呼吸器内科 267件
泌尿器科 75件
小児科 0件
整形外科 23件
耳鼻咽喉科 4件
最後に

化学療法室では在宅のまま高度で充分な治療を受けていただけるように、今後も更なる改善に努めてゆく予定であります。