診療科・部門

部門のご紹介

集中治療室

部署紹介(特徴)

集中治療室(ICU:IntensiveCareUnit、以下ICUとする)は、診療科を問わず、通常の医療設備では管理できない呼吸、循環、代謝その他の重篤な機能不全の患者さまの容態を24時間体制で管理し、必要に応じて救急処置と高度医療を提供しています。ICUの環境は一般病棟と大きく異なり、患者さまの状態変化をいち早く把握できるように、オープンスペースになっています。
急性期を脱した患者さまは、一般病棟に移る前に隣接する高度治療室(HCU:HighCareUnit、以下HCUとする)で、経過を観察する場合もあります。

部署の概要・入室状況
ICU【2018年度】
病床数 4床(個室1床)
入室患者数 437人/年
一日平均入室患者数 1.19人/1.99人
平均在室日数 1.6日
稼働率 30%
呼吸器(延べ人数) 43件
CHDF 7件
IABP 5件
PCI 12件
PCPS 2件
NPPV 19件

主な処置:2018年度

HCU【2018年度】
病床数 4床(全室個室)
入室患者数 653人/年
一日平均 1.78人/2.66人
平均在室日数 1.4日
稼働率 67%
NPPV 7件
NHF 8件
PCI 20件

主な処置:2018年度



看護体制
  • ICUは2:1、HCUは4:1の看護体制を実施
  • 重症集中専門看護師1名、救急看護認定看護師1名、集中ケア認定看護師1名在籍
  • 多くの医療機器に囲まれ、身体には点滴など治療上必要なチューブ類が装着され安静を必要としますので、心身ともにストレスが生じやすくなります。これらのストレスを最小限にし、不安の軽減につながるよう、患者さまとご家族の身体・精神面に配慮しながら診療の補助および看護ケアを提供しています。