診療科・部門

部門のご紹介

栄養指導室

栄養指導室の役割
  • 給食管理

病棟看護師と連携をとりながら、給食スタッフと調整をし、入院中のお食事を楽しみながら食べていただけるよう、献立改善に努めています。

  • 栄養管理

他職種と協働して作成した入院時の計画に基づいて、管理栄養士が担当病棟の患者さまの栄養状態を日々確認しています。

  • 栄養指導

経験豊富な管理栄養士が、退院後も食事療法を継続できるように、患者さまの日常生活や嗜好に合わせた栄養指導を行っています。

病棟担当制〜患者さまの身近に〜

栄養管理士は病棟担当制です。

治療食の患者さまには管理栄養士がベッドサイドに伺い、入院中の治療を支える食事の大切さをご説明します。

また食事形態の変更や食欲不振時の食事などは、担当の管理栄養士がご相談に応じます。

病棟カンファレンスにも参加し、医師・看護師や他職種と情報共有を図り、給食スタッフとも連携をとりながら、患者さまに適切な栄養管理を実施しています。

入院中の食事説明

入院中の食事説明

給食管理〜美味しい食事を届けるために〜

入院中は食事が一番の楽しみという方も多いと思います。

栄養指導室では定期的に給食スタッフとミーティングを行い、患者さまの病態に合わせた美味しいお食事を提供するため、調理方法や味付け、盛りつけ等を調整しています。

産科食

産科食

一般食では選択メニューを毎日実施しています。産科食では出産後の母体に必要な栄養が過不足なくとれるように工夫を凝らしたお食事を提供しています。

一方で食欲がない患者さまには、主食やデザートが選べる「なごみ食」を、また飲み込みや咀嚼が難しい患者さまには嚥下食(流動食・ゼリー食・やわらか食等)をそれぞれご用意しています。ご希望の場合は、看護師または管理栄養士にご相談ください。

食材や調理方法のチェック

食材や調理方法のチェック

栄養指導〜ご自宅でも安心して続けられるように〜

特別治療食を召し上がっている入院患者さま・食事療法を必要とする外来患者さまに対して医師の指示により個人栄養指導を実施しています。経験豊富な管理栄養士が、生活習慣病を中心とした栄養食事指導のほか、手術後の食事のとり方・食欲不振のご相談・宅配治療食のご案内まできめ細やかに説明しています。

【個人栄養指導】

対象疾患名等 …
糖尿病、腎臓病、肝臓病、心臓疾患、肥満症、脂質異常症、高血圧症、胃・腸疾患、膵疾患、痛風および
がん、摂食、嚥下機能低下、低栄養の患者さま
実施日時 ………
月曜〜金曜 午前9時〜午後4時まで 1回30分程度
場所 ……………
2階 内科外来横 外来指導室(1)・(2)
申込方法 ………
当院受診科の主治医にご相談ください
個人栄養指導

個人栄養指導

栄養サポートチーム(NST:Nutrition support team)

入院中に栄養状態に問題があると認められた患者さまには、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、管理栄養士などで構成したNST(栄養サポートチーム)がそれぞれの専門性を活かして食事、経腸栄養剤、点滴などについて情報を共有しています。週1回ラウンドを行い、主治医に栄養改善の提案を行っています。

また糖尿病チーム、ハートチーム、緩和ケアチームなどでもスタッフの一員として栄養情報の共有や提案を行っています。

カンファレンス

カンファレンス

スタッフ