Senior resident

後期臨床研修/専門研修

総合診療専門研修プログラム内容

専門研修プログラム

総合診療+救急で
ジェネラルマインドを養成
  • 総合診療+救急であらゆる疾患を経験
  • 第一線で活躍できる総合内科専門医、各領域専門医への道
総合診療専門研修
プログラム
内科専門研修
プログラム

サブスぺ領域

総合診療・救急領域

総合診療専門研修プログラム

未曾有の高齢化
多疾病罹患、認知症、
生活習慣病 etc

全身管理できるGeneralistを目指す

  • プライマリケアに必要な整形外科・耳鼻科・皮膚科・眼科等が揃っており、手技が学べる
  • 救急専門医のもと救急医療にも従事
  • 積極的に疫学研究も可能(パナソニック社員・家族34万人の医療情報データベース保有)

求められる行動規範

  • 人間中心の医療・ケア
  • 包括的統合アプローチ
  • 連携重視のマネジメント
  • 地域志向アプローチ
  • 公益に資する職業規範
  • 診療の場の多様性

総合診療専門研修プログラム 連携施設

基幹施設
(内科)
松下記念病院
総合診療専門研修Ⅰ

医療法人北辰会
有澤総合病院

医療法人清仁会
水無瀬病院

益田診療所

菜の花診療所

総合診療専門研修Ⅱ
(へき地)

新潟大学
地域医療教育センター
魚沼基幹病院

小児科

社会医療法人真美会
中野こども病院

救急科

社会福祉法人恩賜財団
大阪府済生会野江病院

医療法人医誠会
医誠会病院

総合診療専門研修プログラム(例)

1年次

【内科】

松下記念病院

12ヵ月]

2年次

【小児科】

中野こども病院

3ヵ月]

【救急科】

野江病院

医誠会病院

[1施設3ヵ月]

【総合診療専門研修Ⅰ】

有澤総合病院

水無瀬病院

益田診療所

菜の花診療所

6ヵ月(2施設3ヵ月)]

3年次

【総合診療専門研修Ⅱ(へき地)】

魚沼基幹病院

12ヵ月]

総合診療科(領域)における教育体制

総合診療科(領域)における教育体制