Panasonic Collaboration 共同制作

タフブック

Panasonic Collaboration 共同制作 松下記念病院では医療機器の開発に力を入れるパナソニック(株)とのコラボレーションを展開しています。より安全で安心できる医療の提供と、職員が専門性の高い本来の業務に専念できる環境づくりをめざします。

タフブック

医療用パソコンタフブツクは院内各所に設置され、特に病棟スタツフステーションから患者さまのベットサイドに持ち運びが便利な軽量コンパクトな仕様になっています。