患者支援連携センター

患者支援連携センター

入退院支援

退院調整看護師より

入院に際し患者さまの生活情報を聴取し、入院生活に対する不安や心配事、要望をお聞きしています。また、治療・処置について丁寧にわかりやすく説明することで不安なく入院生活に移行できるように係わっています。

患者さまの意思決定支援に介入し、関係職種との調整を図り早期から退院後の療養生活に向けて支援をしています。

医療ソーシャルワーカー(MSW)より

在宅で安心して生活していただくための社会資源活用の提案や、関係機関との調整を行います。また、急性期治療を終えられた患者さまの転院や施設入所などの調整をご本人・ご家族の意向を大切にしながらお手伝いします。

薬剤師より

薬剤師の主な役割として、薬剤アレルギー情報の収集、サプリメントを含む常用薬の確認、周術期への対応、持参薬の説明を担っています。患者さまが入院前から退院後まで、安全で適正な薬物療法を受けることができるよう支援しています。

管理栄養士より

ご自宅での食事摂取状態を確認して、食欲不振が見られるときには食事内容のアドバイスや栄養補助食品のご紹介により、栄養状態を良くできるよう支援します。また入院前の食物アレルギー確認により、入院中の安心・安全な食事提供につなげます。入院中は病棟担当栄養士が入院前の情報を元に、適切な栄養管理を行います。

歯科衛生士より

私たち歯科衛生士は、お口の中を清潔に保つことで、周術期に起こる誤嚥性肺炎などの合併症を予防します。また、化学療法による口内炎などの副作用が軽減されるようお手伝いしています。

認定看護師より

病気の診断・告知・治療に対する不安な思いを傾聴し、治療選択の意思決定支援、専門的なケアの提供を行いながら、患者さまやご家族が安心して治療を受けられるよう支援しています。