ホーム >> よくあるQ&A >> はーとぴあ

よくあるQ&A はーとぴあ
質問一覧

面談は必ず必要ですか?
ご本人のお体の状況や日常生活のご様子の確認、ご利用にあたってのご説明のために面接をさせていただいています。ご本人とご家族で、はーとぴあにお越しください。

利用したいのですが、どのような手続きをすればいいですか?
まずは、書類を揃えてください。(書式はこちら) 
その後、はーとぴあの相談員までお電話ください。
面談のお日にちを決めさせていただきます。(ご都合をお伺いします)
※ご案内できる時間:(月)〜(土)9:30〜16:30(年末年始除く)
※デイケア、ショートステイをご希望される場合は、事前に担当のケアマネジャーにご相談してください。
利用までのながれの詳細についてはこちらをご参照ください。
1ヶ月の入所料金はどのくらいですか?
介護度によって異なりますが、1ヶ月10万円前後です。
尚、減額の証明書※をお持ちの方は、その記載に応じて減額となります。
※介護保険負担限度認定証や高額介護等サービス費受領委任払承認通知書
その他、料金の詳細につきましては、お電話にてお問い合わせいただくか、こちらをご参照ください。
見学は可能ですか?
可能です。相談員がご案内させていただきます。事前にお電話ください。ご連絡のない場合は、お待ちいただく可能性がございます。
 ※ご案内できる時間:(月〜土)9:30〜16:30 
資料のみお求めの場合は、そのままお越しください。
 ※資料をお渡しできる時間:月曜〜日曜の8:30〜20:00
 
老人保健施設と特別養護老人ホームの違いを教えてください
老人保健施設は、リハビリをし、在宅復帰を目指す施設です。はーとぴあも、生活全部をリハビリと考え、お世話をさせていただいています。そのため、3ヶ月〜6ヶ月の期限がございます。それに対し、特別養護老人ホームは、常時介護が必要な人が居宅において適切な介護を受けることが難しくなったときに入所し、主に日常生活のお世話を中心に提供する施設です。そのため、基本的に入所期限がございません。詳しくははーとぴあ新聞 ふれあい16号 2,3ページPDFをご覧下さい。
どのような種類のサービスがあるのですか?
入所・ショーステイ・デイケアの3種類です。リハビリ・レクリエーション・お食事・入浴が主なサービス内容となります。
入所:3ヶ月〜6ヶ月間、施設の中で、生活リハビリを行います。
ショートステイ:ご自宅でお過ごしの方のためのサービスです。
          はーとぴあに1日〜1週間、お泊りいただくサービスです。
          詳しくははーとぴあ新聞 ふれあい30号 4ページPDFをご覧下さい。
デイケア:ご自宅でお過ごしの方のためのサービスです。
      はーとぴあ車で送迎をさせていただき(一部地域を除く)、日中お過ごしいただきます。
      詳しくははーとぴあ新聞 ふれあい20号 5ページPDFをご覧下さい。
デイケアはデイサービスと何が違いますか?
デイケアはリハビリに重点を置き、身体機能の維持・回復、認知症の軽減と日常生活機能の回復を主な目的としています。また、医師・看護師がいて、医療的なケアをさせていただいております。
それに対して、デイサービスは、生活サービス(入浴介助や食事援助など)を中心に行います。
デイケアは週何回利用できますか?
ご利用回数は担当ケアマネジャーが作成するケアプランによって決まりますが、週1回〜6回(月曜〜土曜)ご利用していただくことが可能です。
車椅子でも利用できますか?
入所・ショートステイ・デイケアともご利用いただけます。はーとぴあ内で車いすをお貸しすることもできますので、ご相談ください。
 
在宅酸素使用でも利用できますか?
在宅酸素使用の状況ということで、お断りはしておりません。デイケア、ショートステイ、入所ともに、お体全体の状態を見させていただいての判断になります。
人工透析をしていますが利用できますか?
通所:ご利用いただけます。
入所:透析ということで、お断りはしておりません。ただし、ご入所の際の約束事項等がございます。詳しくは、一度お問い合わせ下さい。
※デイケア・入所ともに、お体全体の状態を見させていただいての判断になります。
送迎はありますか?
ショートステイ・デイケアの場合は、守口市全域で送迎を行っています。守口市以外でも、一部送迎のある地域もございますので、一度お問い合わせ下さい。入所の場合は、送迎はしておりません。
 
どのようなリハビリを受けられるのですか?
リハビリのスタッフが、ご利用者の身体や動作能力の状態を評価し、また、ご利用者やご家族の希望を聞いた上で、個々のリハビリプログラムを計画してから、その方の生活に合ったリハビリを実施します。
主に、筋力トレーニング、歩行などの動作練習、リハビリスタッフの徒手によるリラクゼーションや関節を柔らかくする運動などです。
基本時間は1単位20分ですが、デイケア利用の方で、病院の退院後1ヶ月間や初めて介護認定を受けた1ヶ月間など、集中的にリハビリが必要と判断された場合は、40分となります。
また訪問リハビリテーションも行っています。(詳しくははーとぴあ新聞 ふれあい29号 5ページPDFをご覧下さい。)
入所中は、どのくらいリハビリを行ってもらえるのですか?
入所してから3ヶ月間は週6回、3ヶ月以降は週2回の個別リハビリ(リハビリスタッフ1名に対してご利用者1名)を実施します。
デイケアでは、どんな人がリハビリを受けられるのですか。
要介護度1〜5で、リハビリのご希望がある方を対象に個別リハビリ(ご利用者1名に対してリハビリスタッフ1名)を実施しています。
リハビリに使用する機器や設備はどのようなものがありますか?
・鈍い痛みのある部分(首・肩・腰など)を温める機器:
 ホットパック、マイクロウェイブ
・持久力訓練の機器:トレッドミル、ニューステップ
・むくみを軽減する機器:メドマー
・バランス訓練の機器:シェイキングボード
などがあります。
詳細については「はーとぴあ新聞 ふれあい14号」6ページにこちらPDF「はーとぴあ新聞 ふれあい15号」7ページにこちらPDF「はーとぴあ新聞 ふれあい23号」4ページにこちらPDFご紹介しておりますのでご参照ください。
 
個別リハビリは週何回利用できますか?
デイケアの個別リハビリは週2回〜3回ご利用いただけます。
※個別リハビリは、デイケアを週2回以上ご利用のかたが対象です。
入所の個別リハビリは週2回〜6回ご利用いただけます。
※ご利用者のお体の様子や必要性に応じて差がございます。
入所期間中の受診はどうなるのですか?
はーとぴあの医師が、診療・健康管理等施設療養全体についての適切な判断・指導をさせていただきます。ご入所中は、介護保険下でお薬の処方を致します。かかりつけ医など医療保険での処方は、原則お受けいただけませんのでご了承下さい。
療養食は、どのような対応が可能なのでしょうか?
糖尿病食、腎臓病食、心臓病食、潰瘍食などの対応を行っております。
また、療養食ではありませんが、体重の多い方のためのダイエット食も提供しております。
詳しくははーとぴあ新聞 ふれあい23号 2,3ページPDFはーとぴあ新聞 ふれあい28号 2,3ページPDFをご覧下さい。
 
レクリエーションは毎日やっていますか?
入所・ショートステイでは、毎日午前中に体操とレクリエーションを行っています。日によっては午後から折り紙や塗り絵などの手作業も行っています。
デイケアでは、午前中は折り紙や塗り絵などの手作業や、頭を使う計算問題など、午後からは集団で楽しめる体操などのレクリエーションを行っています。
また、季節に応じた様々な行事もおこなっておりますので、ホームページをご参照ください。
どのような種類のお風呂がありますか?
ご利用者のお体の状況に合わせ、安全に入浴していただけるよう、様々な入浴設備をご用意しております。ゆったりした「大浴槽」、お体に優しい「ミスト浴」、お一人お一人の動作能力に応じたご入浴が楽しんでいただける「パンジー浴」、座ったままでシャワー浴を楽しめる「座シャワー」、ご家庭での入浴スタイルに合わせた「家庭浴槽」があります。
ミスト浴は「はーとぴあ新聞 ふれあい9号」7ページにこちらPDF、パンジー浴は「はーとぴあ新聞 ふれあい10号」7ページにこちらPDF、詳細をご紹介にしておりますのでご参照ください。
 
  • 介護支援専門員の皆様へ 空き情報
  • はーとぴあ新聞 ふれあい
  • よくあるQ&A
  • 介護電話相談
  • 居宅介護支援事業所 はーとぴあ
  • 松下記念病院
  • はーとぴあ ボランティア募集
  • 求人情報
  • スタッフ奮闘?日記 はーとぴあブログ“快護”