ホーム >> ご挨拶

ご挨拶

施設長 大野悦子松下介護老人保健施設「はーとぴあ」はパナソニック健康保険組合が新たな事業として、2000年4月の介護保険制度施行にあわせ、大阪府守口市に開設いたしました。以来、地域の方々に愛され、安心してご利用いただけるように介護の質の向上に向けて努力してまいりました。また、当施設は松下記念病院の併設型老健施設として、介護と医療の円滑な連携をおこなっています。

当施設は、老健施設の本来の役割である、住み慣れた地域・御自宅で少しでも長く過ごしていただけるように「在宅生活へ復帰するための支援」、「在宅生活を続けるための支援」に力を入れています。地域の先生方や担当介護支援専門員(ケアマネジャー)と連携し、
 1.通所リハビリテーション(デイケア)
 2.短期入所療養介護(ショートステイ)
 3.施設サービス(入所)
の各サービスのなかで、生活全体のリハビリテーションを実施しています。特に施設サービスでは、短期間(1ヶ月〜3ヶ月程度)のご入所により、集団生活の中で規則正しい生活リズムと体調を整えるとともに、身体・認知・生活リハビリテーションを行い、動作・認知能力の維持向上をはかっています。また、介護されるご家族のお疲れの軽減にもご利用いただいております。

当施設は、緑豊かな敷地に囲まれ四季折々の花が咲き誇る環境の中で、「人に優しく、心に温かく、体に活力を!」という<<運営方針>>新しいウインドウを開くのもと、誰もが笑顔ですごしていただけるようにお一人お一人のご要望にあわせた介護を行い、ご満足いただけるサービスの提供に努めております。「はーとぴあ」は介護をとおして社会・地域への貢献を担い、ご利用者・ご家族そして地域の皆様からも愛される老健施設として努力していきます。

  • 介護支援専門員の皆様へ 空き情報
  • はーとぴあ新聞 ふれあい
  • よくあるQ&A
  • 介護電話相談
  • 居宅介護支援事業所 はーとぴあ
  • 松下記念病院
  • はーとぴあ ボランティア募集
  • 求人情報
  • スタッフ奮闘?日記 はーとぴあブログ“快護”