個人情報保護方針

パナソニック健康保険組合(以下、当組合)は、加入者(被保険者、被扶養者)および健保各事業のご利用者(以下、加入者等)の個人に関する情報(以下、個人情報)を適切に保護する観点から、以下の取り組みを推進します。

個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)

当組合(健保本部、健康開発センター、パナソニックリゾート、健康管理センター、産業衛生科学センター、記念病院、老人保健施設、看護学校の各部門を運営)は、加入者等の氏名、住所、性別、生年月日、電話番号などのほか、適用関係情報(資格の得喪、標準報酬情報等)、保険給付関係情報(療養・休業・出産・埋葬関連の給付)、レセプト関係情報(医療費、受診・治療情報等)、健診・診療・介護情報(カルテ情報および画像を含む検査結果データ)、保健・福祉関係情報(保健施設利用情報、組合行事関連情報)などの個人情報(特定の個人を識別できる情報)について、以下の方針で取り扱います。

(1)安全管理

当組合は、取得した個人情報について厳重に管理し、個人情報の漏えい、紛失、き損または個人情報への不正なアクセスを防止および是正することに努めます。

(2)目的内使用

当組合は、適切な個人情報の取得、利用及び提供を行うために必要な、個人情報保護に関する体制と仕組みを確立し、運用します。また、加入者等からご提供いただいた個人情報を、加入者等の健康の保持・増進など加入者等にとって有益と思われる目的の範囲内で使用し、目的の範囲を超えた個人情報の取扱いを行わないよう、必要な措置を講じます。

また、個人番号については、番号法で定められた利用範囲でのみ利用いたします。

(3)利用目的の公表

当組合は個人情報の収集にあたり、健康保険法等の法令等で収集が義務付けられている場合を除き、加入者等に対して収集目的を明らかにし、あらかじめ同意を得たうえでご提供いただきます。

(4)事前の同意

当組合は、あらかじめ加入者等の事前の同意を得た場合を除き、個人情報を第三者に提供いたしません。また、個人番号を含む個人情報(以下「特定個人情報」という。)については、本人の同意有無にかかわらず、番号法に定める場合を除き、提供致しません。ただし、特定個人情報でない個人情報について、次の各号に該当する場合は、加入者等の事前の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することがあります。

  1. 法令の定めに基づく場合
  2. 人の生命、身体または財産の保護のために必要であって、加入者等の同意を得ることが困難である場合
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために必要であって、加入者等の同意を得ることが困難である場合
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、加入者等の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合

(5)健診データの取り扱い

当組合は、法令に基づき事業主の責任において実施すべき定期健診や特殊健診等の各種健診データを事業主からの委託によりお預かりし、被保険者ならびに被扶養者の健康保持・増進を目的として活用いたします。なお、これらの中には任意健診項目も含まれておりますが、その保管については厳重に管理を行い、情報漏えいの防止に努めます。

(6)体制・研修などの整備

当組合は、個人情報保護に関する諸規程や推進体制を整備し、職員等に対し個人情報の取扱いについての明確な方針や遵守すべき内容の徹底を図ります。また、個人情報の保護が適切に行われているか適宜監査を実施すると共に、必要な教育・研修を行います。

(7)業務委託

当組合が業務委託する場合については、業務委託契約の締結に際し、業務委託先の適格性を十分審査するとともに、契約内容についても個人情報の保護に配慮したものとします。さらに、当該委託先による個人情報の取扱いについても、厳正な管理および監督を行います。

(8)開示手続きおよび苦情処理

当組合は、個人情報に関する窓口を設置し、個人情報に対する問い合わせや苦情ならびに開示、訂正、削除を求められたときは、健康保険法等の法令ならびに個人情報保護に関する諸規程に従い、合理的な範囲ですみやかに対応いたします。

(9)法令等の遵守

当組合は、個人情報の取扱いに関係する法令その他の規範を遵守するとともに、プライバシーポリシーの内容を継続的に見直し、改善に努めます。

(10)継続的改善

当組合は、個人情報保護に関する管理の体制と仕組みについて継続的改善を実施いたします。

2005年 4月1日 制定

2016年 2月8日 改訂

パナソニック健康保険組合

専務理事 森脇 紳二

 
個人情報に関する相談窓口
たいせつにしますプライバシー

プライバシーマークを更新しました

パナソニック健康保険組合は2008年6月26日付けにてプライバシーマークの取得審査に合格し、今般、2016年9月27日付けで更新審査に合格しました。

プライバシーマーク制度は、財団法人日本情報処理開発協会 (JIPDEC)が認定している制度で、個人情報の取り扱いについて 適切な措置を講ずる体制を整備している事業者に対して、その旨を示すマークとして「プライ バシーマーク」を付与し、事業活動に関して同マークの使用を許諾する制度です。

※保健医療分野の審査は(財)医療情報システム開発センター(MEDIS-DC)が実施

今後も、皆様に安心して健保をご利用していただけるよう個人情報保護管理体制の整備に努める とともに、一層の情報セキュリティ推進とより安全な運用を目指してまいります。