診療科・部門

診療科のご紹介

小児科


当院では、小児救急を実施しています。

  • 月〜金曜日  20:00まで *祝祭日、年末年始を除く
  • 毎週土曜日  8:00〜翌日朝8:00まで24時間
特色

午前中の一般小児科外来につきましては、インターネットによる当日外来予約受付サービス(小児科インターネット予約)で、当日の外来混雑状況に合わせた受診予約の取り組みを行っております。

一般小児科診療のほか、充実した各種専門クリニック(血液・膠原病、アレルギー、心臓、腎臓、内分泌・代謝、神経・発達、乳児健診、予防接種)を備えています。

大阪府の小児救急の輪番として土曜日の小児救急(内科疾患)を担当しています。

当院産科で院内出生されたお子さんで、小児科の介入が必要な新生児(低出生体重児、黄疸など)の診察と治療も行っており、安心してご出産いただけるように取り組んでおります。

当科の治療方針
  • 常勤医師4名、非常勤医師9名で、新生児から思春期の内科疾患の診療を行っています。午前中は一般小児科診療、午後は専門クリニックを設けています。
  • 専門クリニックは大学病院などから専門担当医が、予約制(インターネット当日予約はできません)で診察しています。かかりつけの先生からの専門クリニックへの直接のご予約も承っております(患者支援連携センターをご利用ください)。
  • 平日は20時まで紹介患者さまや救急疾患の救急診療に当たっています。必要に応じて入院加療にも対応しています。
  • 毎週土曜日は、午前8時から翌朝8時まで、大阪府認定病院として小児救急(内科疾患)を受け入れています。また、他科医療機関とも密に連絡をとり全科的な診察にも対応しています。
小児腎臓クリニック(担当:西田)

ネフローゼ症候群・IgA腎症・紫斑病性腎炎・糸球体腎炎

学校検尿の精密検査からネフローゼ症候群や糸球体腎炎の入院加療を行っています。IgA腎症には耳鼻咽喉科と共同で扁桃摘出後ステロイドパルス療法を行っています。必要に応じて腎生検による確定診断・重症度分類の判断を行います。

小児血液クリニック(担当:今村、大曾根)

現在は治療後の外来生活支援の治療を主体に専門的診療を行っています。小児科病棟フロアには無菌室と準無菌室が2床ずつあり、血液疾患の鑑別診断のための検査(骨髄検査やフローサイトメトリー、染色体検査など)と、一部疾患に対しての専門的診療を行っています。

  1. 血液悪性疾患:白血病、悪性リンパ腫など
  2. ほか血液疾患:再生不良性貧血、溶血性貧血、血友病、血小板減少症、慢性好中球減少症など
  3. 膠原病、自己免疫疾患:若年性特発性関節炎、全身性ループスエリテマトーデスなど
小児内分泌疾患・代謝クリニック(担当:森)

ホルモンが関係する小児の成長・発達・性成熟に関わる病気の診療を行います。対象疾患は低身長、甲状腺機能障害などの内分泌疾患や糖尿病(1型および2型)の診断および治療、肥満症、思春期早発症、副腎疾患などがあります。

診断のための負荷試験(入院)や必要に応じた染色体検査、食事療法やホルモン補充療法などの導入など生活支援を行っております。

低身長や思春期早発症などについてのご相談につきましては、母子手帳、身長・体重がわかる幼稚園や学校の記録などをできるだけご持参ください。

小児アレルギークリニック(担当医:清水、小西)

食物アレルギー・アトピー性皮膚炎

食物アレルギー:患者さまごとの状態にあわせて、アレルギー発症の被疑食材について経口負荷テストにより制限解除または制限続行の判断をいたします。またエピペン指導や、症例により負荷テスト後の緩徐な経口免疫療法と食事指導を施行いたしています。

アトピ―性皮膚炎:丁寧な生活と治療歴の聴取から、スキンケア、軟膏の塗布法など、きめ細やかな指導をいたします。症例により皮膚科医師にも相談をしながら進めてまいります。

小児気管支喘息:外来では在宅吸入ステロイド療法の積極的な導入、ガイドラインに沿った治療を心がけています。短期の入院加療も行っています。

小児心臓健診・川崎病・先天性心疾患(担当医:西川)

外来では、学校検診での精密検査、心雑音や不整脈の精査を予約外来にて承っています。他医療機関からのシナジス投与(抗RSウイルスモノクローナル抗体:対象症例のみ)のご紹介も承っております。

川崎病の治療は、ガイドライン2012などに基づいたガンマグロブリン療法ならびにアスピリン内服、リスク評価に基づいて早期からのステロイド全身投与を併用します。慢性期の外来経過観察も行っています。

てんかん・熱性けいれんの再発・片頭痛など各種神経疾患(担当医:磯田、木戸脇)

小児神経担当医によりビデオ同時記録脳波やMRIなどの神経画像など(場合により薬物入眠の上)精査のうえ、必要に応じ抗てんかん薬の処方と外来フォローアップを行っています。

新生児・低出生体重児

当院出生の晩期早産児(妊娠34週以上)・低出生体重児、新生児適応障害などを対象に管理を行っています。必要に応じて、小児神経担当医による発達フォローを行います。

適応児にはシナジス(抗RSウイルスモノクローナル抗体:対象症例のみ)の投与を外来で行っています。他院出生児のご紹介も承っております。

認定情報

日本小児科学会認定小児科専門医研修施設

日本血液学会認定専門医研修施設・JPLSG参加施設

スタッフ紹介