診療科・部門

診療科のご紹介

消化器内科

特色

食道、胃、小腸、大腸といった消化管、肝臓、胆嚢、胆管といった肝胆道系および膵臓など、消化器全般の疾患を担当する科です。

診察には、日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会などの認定医、専門医、指導医の資格を持つ専門医師を中心に診療を行っています。クリティカルパスを導入し、効率的で質の高い医療の提供にも努力しています。

当科の治療方針
消化管の疾患

食道、胃および大腸のポリープや早期がんで内視鏡治療の適応があれば、積極的に切除(内視鏡的粘膜下層剥離術など)を行っています。また、内視鏡的止血術、胃瘻造設術、異物除去術も行っています。

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍の原因となるだけでなく胃がんのリスク因子と考えられています。当院ではピロリ菌に対して積極的に除菌治療を行っています。

通常の保険診療(1次除菌・2次除菌)で除菌できない患者さまには、ピロリ菌専門外来で3次除菌(保険適用外)を行っています。

また、消化管がんで内視鏡的切除や外科的手術の適応がない症例では化学療法(抗がん剤療法)を行っています。外来化学療法室を完備しており、可能な限り外来で治療を施行しています。食道がんに対しては放射線併用化学療法も積極的に行っています。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)に対しては一般的な内科的治療(5−ASA、ステロイド、免疫調整薬など)のほかに、抗TNFα抗体薬などの生物学的製剤や腎不全科と共同で血球成分除去療法も行っています。多職種(看護師、薬剤師、栄養士など)から構成されるIBD(炎症性腸疾患)チームが診療をサポートします。

肝臓の疾患

必要に応じて経皮的肝生検術(2日間の入院)を施行し、組織学的診断を行っています。B型やC型慢性肝炎は治療ガイドラインに基づいてインターフェロン、核酸アナログ製剤などの最新の抗ウイルス療法を行っています。また、抗ウイルス療法を行わない場合は、他の治療によって疾患の改善ならびに進行阻止に努めています。これらは、かかりつけ医の先生方とも協力して行っています。

慢性肝炎や肝硬変例については、定期的に腹部超音波検査(エコー)、CT、MRIなどの検査を施行し、肝がんの早期発見に努めています。原発性肝がんに対しては診療ガイドラインに基づいて経皮的局所療法(ラジオ波焼灼療法、エタノール注入)、肝動脈塞栓療法、外科的切除術、全身化学療法を行っています。

2007年より患者様向けに年4回肝臓病教室を開催しています。(予定につきましてはTOPページをご参照ください)

胆嚢と胆管の疾患

胆嚢と胆管の疾患では、種々の画像診断で診断し、胆嚢や胆管に対して経皮的あるいは内視鏡的ドレナージを必要に応じて施行しています。総胆管結石については、内視鏡的に結石摘出術を行っています。胆管がんなどによる胆道狭窄が原因の黄疸例については、経皮的あるいは内視鏡的に胆管拡張術やステントの挿入を行い、黄疸の改善に努めています。

膵臓の疾患

膵臓の疾患については、エコー、CT、MRI等の画像検査、内視鏡的膵管造影検査、超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)、血管造影などで診断し、膵がんなどの病態に応じて化学療法や外科的手術、放射線治療を行っています。急性膵炎に対しては重症度に応じてICU管理下で動脈内薬物注入療法など高度な治療を行っています。

認定情報

日本内科学会認定内科専門医教育病院

日本消化器病学会認定医制度認定施設

日本消化器内視鏡学会認定指導施設

日本臨床腫瘍学会認定研修施設

日本肝臓学会認定施設

日本消化管学会胃腸科指導施設

日本カプセル内視鏡学会指導施設

日本がん施設認定医機構認定研修施設

スタッフ紹介