診療科・部門

診療科のご紹介

歯科口腔外科

特色

当科では一般的な歯科治療(虫歯の治療、根っこの治療、入れ歯の作成)は地域の歯科医院にお任せし、一般的な歯科医院では治療が困難な埋伏歯の抜歯や有病者の抜歯、顎骨囊胞、重度の炎症をはじめ、顎骨骨折、唾液腺疾患や良性腫瘍、悪性腫瘍(口腔がん)の治療に対する標準的治療を高い水準で提供できるよう努めております。また習慣性の顎関節脱臼に対する手術も行っています。

全身麻酔による手術を受けられる患者、放射線治療中、化学療法中の患者に対して医科・歯科連携を主軸とするチーム医療体制を推進し専門的口腔ケアを行うことで術後性肺炎や口腔合併症の発生を抑制し在院日数の短縮化をめざしています。また当院入院患者の口腔に関するトラブルに対処しADLの向上に努めています。

当科の治療方針
埋伏歯の抜歯

一般の開業歯科医院では困難な埋伏歯、水平埋伏歯の抜歯を行っています(抜歯後に数日の入院も可能です)。また全身麻酔下で多数歯の同時抜歯も行っています(全身麻酔での抜歯は入院が必要です)。ご相談ください。

有病者の抜歯

心臓病や高血圧、糖尿病、血が止まりにくくなるお薬を服用されていて一般の開業歯科医院では抜歯や外科的処置ができない方の抜歯、外科的処置を行います。入院しての抜歯や外科処置も行っています。ご相談ください。

顎骨嚢胞、顎骨腫瘍

小さなものは局所麻酔で外来にて摘出します。大きなものは全身麻酔で摘出します。また場合により開窓術を用いて小さくしてから摘出する事も可能です。

顎顔面領域の炎症

抗菌薬の点滴を行い、膿が溜まっている場合には切開して膿を出します。状態により入院しての治療になります。

顎骨骨折

上下の歯をワイヤーでくくって固定を行います。骨の断端がズレている場合には全身麻酔下でズレを直し、金属プレートで固定する手術を行います。

唾液腺疾患

尿管結石や胆石のように唾液腺にも石ができます。浅いものならば口腔内から摘出、深いものであれば顎の下を切開して唾液腺ごと摘出する場合があります。

口腔の悪性腫瘍

口腔癌は初期では口内炎のように見えます。数週間治らない口内炎は癌である可能性がありますので注意が必要です。

当科では口腔癌の標準的治療を行っています。ステージに合わせて手術だけでなく放射線治療、抗がん剤を用いた根治的治療を行います。

習慣性顎関節脱臼

高齢者の人口増加に伴い増加傾向にある、習慣性の顎関節脱臼に対して手術を行っています。

歯科インプラント

当科では、かかりつけ歯科医院からの依頼にてインプラント体の埋入手術を行っています(歯を入れるのはかかりつけ歯科医院で行います)。

スタッフ紹介