診療科・部門

診療科のご紹介

産婦人科

特色

当科は日本産科婦人科学会、ならびに母体保護法に基づく指定医の認定施設となっており、常勤医4名、非常勤医3名で診療にあたっています。産科および婦人科において安全で的確な診療につとめてます。

周産期医療では、なるべく自然な分娩につとめるとともに、低出生体重児には小児科とともに対処しています。

また当科は「日本赤十字社近畿さい帯血バンク」のさい帯血採取施設にも指定されており、多くの方の協力を得てさい帯血による移植医療にも積極的に貢献しています。

当科の治療方針
婦人科疾患

子宮腫瘍や卵巣腫瘍などでは、まず治療が必要かどうかについてMRIなども含めて十分に検討することとし、治療では手術を基本とし、可能な場合は腹腔鏡や腟式手術を実施しています。そのほか、性感染症の診断や治療を行っています。子宮がん検診で異常があった方には生検などの精査をしています。疾患の進行度や合併症の点から当院での治療が困難な場合は高次施設へ紹介します。

産科領域

健診では、超音波診断や母子感染対策に力を入れており、助産師による指導にも重点をおいています。分娩では助産師によるソフロロジーの指導を取り入れ、自然な分娩を目指しています。また、ご主人の立ち会い分娩や母子同室なども取り入れています。

合併症を有する妊娠にあたっては関係他科との連携を密にし、小児科医立ち会いでの分娩や低出生体重児への対処も行い、母子ともに安全な妊娠、分娩ができるようにつとめていますが、合併症や妊娠経過の点から当院での妊娠・分娩管理が困難な場合は高次施設に紹介します。また新生児の聴覚検査もAABR法で行っています。

認定情報

日本産科婦人科学会専門医制度にもとづく専攻医研修指導施設

母体保護法第14条にもとづく指定医の研修機関

日本赤十字社近畿さい帯血バンクによるさい帯血採取施設

スタッフ紹介