診療科・部門

診療科のご紹介

泌尿器科

特色

当科は、日本泌尿器科学会指導医・専門医を有する、泌尿器科専門医教育施設です。

各種先端医療機器を常備することにより、種々疾患への高度な診断治療が可能です。

当科の治療方針

副腎疾患、腎腫瘍、膀胱腫瘍、尿路結石症、前立腺疾患、神経因性膀胱、尿失禁などの各種泌尿器疾患における最先端の診断治療を行うことにより、患者様のニーズに応える医療を常に目指しています。

なかでも、副腎腫瘍・腎尿管悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術・尿路結石症に対する内視鏡手術(TUL・PNL)・前立腺肥大症に対する経尿道的手術(TUR-P)・膀胱癌に対する経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)など各種低侵襲性手術を積極的に行うことにより、術後のQOL(Qualityoflife)を高め、在院日数を少なくしています。

また、尿路結石症に対する体外衝撃波治療(ESWL)は、外来での治療が可能です。
前立腺癌には、従来の放射線外照射より副作用が少なく、有用性の高い強度変調放射線療法(IMRT)も積極的に行い、手術以外の治療の選択肢をひろげています。

各疾患の最近の治療
副腎疾患

副腎疾患は偶然発見される副腎皮質腫瘍がほとんどで、経過観察の症例が増加しています。
機能性腫瘍の場合、腹腔鏡下手術を施行しています。

腎腫瘍

腎腫瘍のほとんどは癌で、ドック健診などで偶然発見される早期癌の症例が増加しています。腹腔鏡下手術または開腹術を行っています。転移癌には、分子療法治療や免疫療法を行っています。

膀胱癌

膀胱癌はTUR-Btを行い、切除不能な場合には膀胱全摘術を行います。化学放射線療法による膀胱機能温存治療にも対応します。
癌再発予防のため、膀胱内注入療法(抗癌剤やBCG)を併用しています。転移癌には、抗癌剤治療や免疫療法を行っています。

尿路結石症

排石困難な腎尿管結石は尿管ファイバースコピーとレーザーを用いた内視鏡手術を行っています。またESWLによる治療も対応しています。

前立腺疾患

血中前立腺特異抗原(PSA)測定による市民検診やドック健診の普及により、早期前立腺癌の発見症例が急増しています。MRIを用いることで正確な癌診断を行うことが可能となりました。また、転移癌に対して新規ホルモン剤や抗癌剤の出現により治療選択の幅が広がりました。塩化ラジウム療法も行っています。前立腺肥大症も高齢化とともに増加していますが、当科では超音波検査や排尿動態検査を行い正確な評価のもとに治療にあたっているので、治療後の症状改善は良好です。

認定情報

日本泌尿器科学会専門医教育施設

日本超音波医学会専門医研修施設

スタッフ紹介