診療科・部門

診療科のご紹介

外科

特色

当科は日本外科学会、日本消化器外科学会、日本胃癌学会、日本乳癌学会の認定施設です。

当科では、これらの領域の指導医、専門医、認定医の資格を持った医師が、日夜多数診療に従事しています。

さらに、日本癌治療学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器病学会、日本食道学会、日本臨床外科学会、大腸癌研究会、日本大腸肛門病学会、日本救急医学会など多数の学会に参加し、たえず最新の知識で治療ができるように心がけています。

当科の治療方針
がん治療におけるQOL(Quality of life:生活の質) の重視

根治性を損なうことなく、患者さまの術後のQOLの向上に重点を置いた治療に努めています。すなわち、臓器機能の温存を追求することはもとより、低侵襲治療としての腹腔鏡下手術を積極的に取り入れております。また、術後の再発や切除不能症例に対する抗がん剤治療は、外来にて行うよう努めています。

オーダーメイドがん治療

ガイドラインに沿った標準的治療を基本とし、十分なインフォームド・コンセント(説明と同意)の上、患者さまの意思を尊重し、オーダーメイドで各人の病態、進行度に応じたメニューによる治療法を提示し選択していただけるように考えています。 また、セカンドオピニオンを希望される場合にも、積極的にお手伝いできるようにしています。

医療の質の向上(クリニカルパス)

医療の質の向上をはかり、患者さまを中心としたチーム医療を推進するために、クリニカルパスを導入し、短期間の入院治療で不要な投薬や検査を排除した効率的で内容の濃い治療を行っています。
また、退院後は地域連携パスを利用し、地域の先生方と綿密に連携を取って、患者さまの術後フォローを行います。

『キャンサーボード』にて治療方針を決定しています。

松下記念病院では毎週1回(月曜日)17:30より下記専門領域より一同に会し、キャンサーボードを開催いたしております。
それぞれが専門的意見を出し合って治療法を集約していくため、患者さまそれぞれの症状・状態に応じた最適な治療法を決定できることが最大の特徴です。

外科 放射線科 消化器科 病理検査部 看護部 医療福祉
相談室
(医師) (医師) (医師) (医師) (看護師) (社会福祉士)
野口 明則 牛嶋 陽 小山田 裕一 川端 健二 谷口 まり子 橋井 多寿代
山口 正秀 伊藤 哲哉 長尾 泰孝 (技師) 他手術室
看護師による当番制
小林 佳央里
谷 直樹 中野 泰彦 磯ア 豊 藤田 美晴   井出 智代美
和泉 宏幸 金山 大成 世古口 悟     松原 真美
伊藤 忠雄 北口 知明 山田 展久      
石井 博道   堀田 祐馬      
竹下 宏樹   濵田 聖子    
多田 浩之   山根 慧己      
金山 益佳   池田 佳奈美      
松井 知世   廣瀬 瞳      
荒川 宏          
各疾患の最近の変換
胃がん

進行度に応じた合理的な手術を行っています。腹腔鏡下手術は幽門側胃切除(LDG)、噴門側胃切除(LPG)、胃全摘(LTG)すべてに対応しています。高度進行胃がんに対しては審査腹腔鏡を施行し、適応症例にはdown staging目的に術前化学療法の上、手術を行います。化学療法の奏功したStageIV胃がんに対しては積極的に手術を考慮します。GISTなどの粘膜下腫瘍に対しては内視鏡治療と腹腔鏡手術を同時に行うことで、必要最小限の侵襲で腫瘍切除を可能とする手術(LECS:Laparoscopy and Endoscopy Cooperative Surgery)を行っています。

大腸がん

近年増加傾向にあり、胃がん手術数を上回っています。
腹腔鏡下手術が基本です。直腸がんは神経・肛門機能温存をこころがけています。すなわち、早期の超低位直腸がんに対しては、自然肛門温存目的に内肛門括約筋切除術を行い、下部直腸進行がんに対しては術前化学放射線療法を行った後手術を行っています。肝転移、肺転移に対しては積極的に切除を行います。大腸がんに対する抗癌剤の進歩はめざましく、術後や再発症例に対しては外来にて化学療法を行いQOLの向上に努めています。

食道がん

進行度に応じて、化学療法や放射線療法を併用し最適な治療を行っています。
適応症例には腹腔鏡及び縦隔鏡を併用した低侵襲手術を行っています。

肝がん

肝切除は安全に施行できるようになり、肝硬変合併肝がんや転移性肝がんに対して積極的に切除を行っています。原発性肝がんは内科的治療(TACEやラジオ波)後の再発症例なども積極的に切除します。転移性肝がん、特に大腸がんからの転移に関しては、多発例に関しても化学療法を併用し積極的に切除しています。

膵がん・胆道がん

切除例が徐々に増加しています。早期発見症例が増加したためと考えられます
borderline resectable(切除限界)膵がんに対して術前化学放射線療法を実施し、縮小化をはかった後手術にもっていく試みを行っています。

乳がん

わが国では乳がんになる方が年々増加しています。最近の標準的な手術は乳房温存術(部分切除)とセンチネルリンパ節生検(腋窩のリンパ節切除の合理的縮小)となっておりますが、乳房切除術(全切除)後の再建術(人工乳房など)の保険適応が拡大され、手術方法の選択枝が多くなってきております。個々の患者様の病状、ご希望を考慮し十分ご相談の上、手術、抗癌剤や放射線治療を組み合わせて治療を行っています。

  1. 遺伝子検査

乳がんの5〜10%は、家族性乳癌とされています。2013年5月にマスコミで取り上げられ、米女優アンジェリーナ・ジョリーさんが告白された家族性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)もその一つです。当院でも家族性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)の遺伝子検査が可能になりました。

肺がん

年々増加傾向です。
原発性肺がんに対しては、根治性の高い手術を可能な限り低侵襲で行えるように努力しています。I期症例においては完全胸腔鏡下手術を行っています。II期以上の手術適応例については、根治性を重視し従来の開胸手術を行い、治療効果を上げています。術後の補助療法(化学療法、放射線療法)は、進行がんを中心に積極的に行っています。
転移性肺がんに対して 切除可能で残存肺機能が問題なければ切除を行います。胸腔鏡下に切除を行っています。

胆石症

腹腔鏡下手術で行います。適応が合えば希望に応じて、reduced port(さらに傷の数の少ない)手術で行っています。

ヘルニア

緊張がかからず、かつ再発が少ないメッシュを用いた修復術を行います。希望に応じて腹腔鏡下でヘルニア修復術を行っています。

認定情報

日本外科学会外科専門医制度修練施設

日本消化器外科学会専門医制度専門医修練施設

日本消化器病学会専門医制度認定施設

日本乳癌学会専門医制度認定施設

日本呼吸器外科学会専門医制度関連施設

日本臨床腫瘍学会認定研修施設

日本がん治療認定医機構認定研修施設

胃癌全国登録認定施設

日本食道学会全国登録認定施設

スタッフ紹介