診療科・部門

お知らせ 薬剤師会・薬局・調剤薬局のみなさまへ

薬剤部

「疑義照会簡素化プロトコール」を運用開始

薬剤師による疑義照会は医薬品の適正使用上、薬剤師法に基づく極めて重要な業務です。患者個々の病状や検査値を勘案した疑義照会・処方提案は重要ですが、一方で、形式的な疑義照会も多く、患者・処方医師・薬局薬剤師それぞれに負担をかけている場合が見受けられます。

そこで当院では、平成22年4月30日付 厚生労働省医政局長通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」を踏まえ、プロトコールに基づく薬物治療管理の一環として、調剤上の形式的な変更に伴う疑義照会を減らし、患者への薬学的ケアの充実および処方医師の負担軽減を図る目的で「院外処方せんにおける疑義照会簡素化プロトコール」の運用を開始しました。

本プロトコールを運用するために、所属されている薬剤師会と当院とが合意書を交わすことが必要です。合意を交わしていない薬剤師会に加盟している保険薬局、又は合意の有無が不明な保険薬局、その他、お聞きになりたいことがあれば、当院薬剤部(電話:06-6992-1231)までご連絡ください。

また、プロトコールに則り、変更した内容につきましては、疑義照会簡素化プロトコール情報提供書を使用して当院薬剤部(FAX:06-6992-5252)までご連絡ください

院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコールについてPDF

院外処方せんへの検査値と身体情報の記載

院外処方せんへの検査値と身体情報の記載