患者支援連携センター

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは?

主治医との良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くことです。

医療が進歩してさまざまな治療法が生まれています。その結果、医師によってあなたの病気に対する考え方が違うことがあります。また、医師や病院によって、医療技術や診療の質に差があることも考えられます。
そこで、あなたにとって最善と考えられる治療を患者と主治医で判断するために主治医以外の医師の意見を参考にする。それがセカンドオピニオンです。

セカンドオピニオンを受ける場合は、主治医にその旨を伝えて他医への診療情報提供書を作成しなければなりません。意見を求められた医師は、患者さまの治療経過や病状の推移を把握した上で適切な話をします。

セカンドオピニオンは「診療」ではなく「相談」になるため、健康保険給付の対象とはならず、全額自己負担となります。

項目 内容
対象となる方

ご本人の相談を原則といたしますが、同意書をお持ちにいただければご家族だけでも可能です。

続柄を確認できる書類をお持ちください。

相談内容

治療に限るものといたします。

(治療後の良し悪しの判断、医療費の内容、医療給付に関わる事、医療訴訟の問題など、直接の治療以外の相談についてはお受けできません)

費用

セカンドオピニオンは自費診療で行われます。

※健康保険適用外になります。

30分迄10,000円(税抜)

延長料金 30分毎5,000円(税抜)加算

必要書類等

ご本人の以外の方の相談の場合

お問い合わせ

患者支援連携センター TEL06-6992-5373

月曜〜金曜 9:00〜16:45

セカンドオピニオンの流れ<完全予約制>