患者支援連携センター

かかりつけ医を持ちましょう

紹介状ってなに?

松下記念病院では、急性期病院として入院患者さまの診療、手術などの緊急を要する医療、専門領域の診療を主に行っています。
しかし、風邪や軽い腹痛・けが、症状の安定した慢性疾患の方が多く通院されますと、高度な医療設備や医療機器、人材などが有効活用できません。
一次診療は地域の診療所等(かかりつけ医)を受診していただき、必要に応じて診療所からの紹介で当院を受診する地域医療連携を推進しています。

『かかりつけ医』で専門的な検査や治療が必要と診断されたときに、かかりつけ医から当院の患者支援連携センターに連絡、ご予約の上、『紹介状』を持って受診してください。
紹介状持参で受診すると現在までの病状、検査、治療経過がわかるため、検査が重複せず医療費や身体的負担も軽減され、「時間」と「医療費」とも効率的になります。

かかりつけ医って?

日常的な診療や健康管理等を行ってくれる身近なお医者さんの事をかかりつけ医と呼んでいます。大きい病院では待ち時間が長くかかる場合もありますので、ご家族でかかりつけ医を決めておくとちょっとした風邪等の軽い症状の際に大変便利です。
急な病気はもちろん、健康のこと、医学や医療のこと、いろいろ些細なことも気軽に相談でき、あなたのことをよく知っていて必要なときに専門医に紹介してくれるかかりつけ医を持つことをお勧めします。

地域連携のしくみ

いざ入院や検査という時もご安心ください。かかりつけ医と私たち病院との地域医療ネットワークで連絡を取り合って、みなさんに最適な医療をご提供します。

地域医療ネットワーク