「健康パナソニック2018」について

「健康パナソニック21」から「健康パナソニック2018」へ

パナソニックグループでは、2000年度に始まった国民健康づくり運動「健康日本21」に呼応し、2001年度から2010年度までの10年計画で職域の健康づくり運動「健康パナソニック21」(「健康松下21」として開始)を、会社、労働組合、健保組合の三位一体で行ってきました。

2011年度からはこれまで10年間の活動をさらに発展させ、2018年の創業100周年に「パナソニックグループ健康」を実現することを目指し、職場と家庭のまるごと健康づくり運動「健康パナソニック2018」を行うことになりました。

健診やレセプト等の健康データで全体、各事業場、あるいは個々の健康課題を「見える化」し、5重点疾患に対して「3活動の複合的実施」として複合的な予防活動を実施し、それぞれの進捗指標をもとにベンチマークを行い、最終的には全体目標の改善によって「パナソニックグループ健康」を目指します。

「健康パナソニック21」から「健康パナソニック2018」へ

「健康パナソニック2018」の特徴

「健康パナソニック2018」では、活動対象を従来の従業員のみからOBと家族を加えた加入者全員に、職場のみから職場と家庭の健康づくりへと広げていきます。

対象疾患と活動においては、5重点疾患に対して3予防活動を行い、従来の対策別、健康づくり(一次予防)主体から、組み合わせることで複数の効果が期待できる「3活動の複合的実施」、一次予防から三次予防までを含めた総合的健康管理、健康づくり活動として進めていきます。

「健康パナソニック2018」の特徴

重点疾患と予防活動

健康障害の程度や頻度、医療費への影響、および予防対策の有無を検討した結果、予防活動が可能で健康や医療費への重要度が高い「メンタルヘルス不調」、「脳心臓疾患」、「体力低下・筋骨格疾患」、「がん」、「歯科疾患」の5つを重点疾患とし、これらの疾患に対して、「生活習慣改善」、「健診受診」、「コミュニケーション向上」の3つの予防活動を、「こうすれば、あれにもこれにも効く」というように、「Ecoで持続可能な予防活動」を目指します。

重点疾患と予防活動
パナソニック健保の加入者の皆様一人ひとりが、積極的に「健康パナソニック2018」に参加、活用いただくとともに、パナソニックグループ全体でより大きな活動に育てていただきますようお願いいたします。