健診制度を活用しよう

パナソニック健康保険組合では、40歳以上のパナソニックグループOB(被保険者)とご家族(被扶養者)の方を対象に、健保補助を適用した健診コースをご用意しています。リーズナブルな料金設定で、対象者のみなさまが受診しやすい環境の整備を進めています。健診制度を活用して、年に1度は健診を受診しましょう。

パナソニック健保 健診制度の概要

制度対象者
  • 特例退職被保険者
  • 40~74歳の任意継続被保険者
  • 40~74歳の被扶養者

※受診日にパナソニック健保の加入資格を喪失されている方は除きます

対象期間

2017年4月1日~2018年3月31日

※対象期間内に1回のみの受診となります

実施期間(場所)
  1. 株式会社ベネフィットワン・ヘルスケア(巡回型・施設型)
  2. 健康保険組合連合会(健保連)集合契約機関
  3. パナソニック健康保険組合

    • 松下記念病院 ドック健診センター
    • 健康管理センター(東京)
    • パナソニックリゾート大阪・びわ湖(※巡回型健診会場)
健診コース
  1. 特定健診コース
    (自己負担額:無料)
  2. おすすめ健診コース
    (自己負担額:巡回型1,000円~・施設型4,000円~)
  3. ドック健診コース
    (自己負担額:12,960円~)
保健指導の実施 健診の結果、メタボリックシンドロームまたはその予備群と判定された方には無料で保健指導をご案内

「特定健診・特定保健指導」について

生活習慣病予防を目的に、メタボリックシンドロームに着目して実施される「特定健診・特定保健指導」。全国の健康保険組合等には、40歳~74歳の健保ご加入者への「特定健診」と、健診結果をふまえた「特定保健指導」の実施(メタボやその予備群の方に医師や保健師等が生活習慣の改善に向けた支援)が義務付けられています。

パナソニック健保特定健康診査等 第二期実施計画(260KB)

ページトップに戻る