学校の自慢

学習委員の活動

2016年10月

松下看護専門学校では、学校生活をよりよくするために、様々な委員会があり、学生主体で活動に取り組んでおり、その1つである「学習委員」は、クラスの学習環境を整えるという活動をしています。

先生から言われて勉強をするということではなく、私たち学生が何をどのように勉強していけば良いのかを考えながら取り組んでいます。

また、こうした基本活動だけではなく、今年度から新たに『学びの輪をつなげる』と言うプロジェクトを立ち上げて活動しています。

今回、『学びの輪をつなげるプロジェクト』の一環として、2年生の学習委員が中心となって夏休みに1年生、2年生の合同学習会を行ないました。

「解剖生理学をどの様に勉強していいか分からない」という1年生が多いという声を聞き、何か手助けが出来ないだろうかという思いから企画したものです。

7~8人のグループに分かれて、2年生が1年生からの質問に答えたり、ミニ講義を行ったりしながら、60分間のグループワークをしました。

忙しい中、時間を調整して3年生も来てくださり、実習での体験を交えながら「この知識はこういうときに役立つよ」といったアドバイスをしてくださいました。

他の学年と一緒に学習したことで、お互いにとても良い刺激になりました。

学習委員会では、今後も『学びの輪をつなげるプロジェクト』に継続的に取り組み、松看生全員が楽しく、前向きに学習できるような企画を発信していきたいと思っています。

大自己紹介会

2年生 2016年4月

4月7日に1~3年生と先生方による大自己紹介会がありました。

1年生に松看の仲間を知ってもらうために行われる新年度の恒例行事です。

2年生は、今回は2回目と言うこともあり昨年よりも緊張することなく発表できました。

2、3年生の発表は、最近はまっていることや今年の目標など、普段では知ることの出来ない新たな発見がありとても楽しかったです。

1年生は、今までの思い出、これからの抱負など発表してくれました。

これから、1年生と関わっていく機会が多いので早く名前を覚えて打ち解けたいです。

ページトップに戻る