健保の取り組み・お知らせ・お願いなど

医療費控除について

1年間(1月1日〜12月31日)に支払った医療費自己負担の総額が10万円を超えたとき、税務署に確定申告をすると税金の一部が戻ってきます。
年間所得が200万円未満の場合は年間所得の5%

対象となる医療費と金額

次の3つの要件を満たした場合が控除の対象となります。

(1) 被保険者本人および生計を同じくする家族のために支払ったもの
(2)その年の1月1日から12月31日までに支払ったもの
(3)1年間に自己負担医療費が10万円を超える場合

年間所得が200万円未満の場合は年間所得の5%

【医療費は一世帯まとめて!】

医療費控除は自分の医療費だけでなく、同居している家族であれば、配偶者、子供、両親等(扶養家族でなくてもよい)の医療費も控除対象となります。
医療費控除を行った場合に還付される税金は、控除額に税率を乗じた金額となりますので、家族の中で一番所得が高い人がまとめて医療費控除の申告を行うのがポイントです。

【病院の治療費以外も対象】

医療費控除の対象には、出産費用や出産前の健診費用、入院時の食事自己負担、介護サービス、保険適用外歯科治療も含まれます。また、薬局で購入した薬や通院の交通費も含めることができます。

領収書や交通費の明細が必要です

健康診断、人間ドック費用、治療費以外の医療品購入費等は控除の対象外です

控除される金額の計算式

控除される金額の計算式

医療費控除に必要な書類

  • 確定申告書
    (税務署や市区町村窓口などにあります)
  • 病院や歯科医院、薬局の領収書
  • 給与所得の源泉徴収票(原本)など

※ 確定申告の時期は毎年2月16日〜3月15日までとなっています

※ インターネットからも申請が可能です

医療費控除の対象になるかどうか、申告方法などは最寄りの税務署へお問い合わせください。

ご存知ですか?2017年1月からセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)が始まりました!

従来の医療費控除制度の特例として、2017年1月から新たに「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)(※)」が施行されました。これは、がん検診や予防接種など、「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」が、1世帯で一定のスイッチOTC医薬品の購入金額の合計が1万2,000円を超えた場合(上限金額:8万8000円)に、所得控除を受けることができる制度です。

◎対象となる医薬品の一覧は、厚生労働省ホームページに表示されています。

◎制度概要や詳細の説明などは、下記ホームページをご覧ください。

(※)この特例は、2017年1月〜12月分の確定申告から使用できます。なお、当該の確定申告の提出時期は2018年2月〜3月ごろです。

セルフメディケーション税制と、現行の医療費控除制度は、いずれかの選択制となりますので、ご自身にあった制度を選択されることをおすすめします。