健保の取り組み・お知らせ・お願いなど

医療費のお知らせについて

パナソニック健保では、健康管理と医療費への関心を高めて医療費の適正化につなげるために、医療費通知を作成して、該当する方にお届けしています。
医療機関で受け取った領収書と照らしあわせて受診した医療機関、診療年月、受診日数等をご確認いただき、相違点やご不明点があれば、保険業務部までお問い合わせください。

医療費の通知書類

通知時期 通知内容 内容
Web 毎月 『医療費のお知らせ』 被保険者(本人)・被扶養者(家族)の皆様が医療機関に受診されたものを対象に作成しています。
郵送 1月・4月
7月・10月
給付金発生月 『給付金支給決定通知書』 各種給付金(高額療養費・一部負担還元金・療養費・傷病手当金・出産手当金等)の支給がある場合には全件を対象に作成しています。

上記の通知は、医療機関等へ受診した月から最短で3カ月後のお届けとなります。 これは、医療機関からの請求が、「社会保険診療報酬支払基金」を通じてパナソニック健保へ届くためです。 また医療機関からの請求が遅れたり「社会保険診療報酬支払基金」での審査が長引いた場合は、4カ月以上かかる場合があります。

郵送分は、加入者専用Webサービス「いきいき健康ナビゲーション」にて閲覧いただけない方のみ郵送しております。
登録がお済みでない方は、是非ご登録をお願いします。

「いきいき健康ナビゲーション」の登録へ

公費負担について

公費負担とは、健康保険で受診した場合の自己負担部分を、国や市町村が肩代わりして支払う制度のことです。 公費負担の対象となる場合は、パナソニック健保の付加給付と支給調整が必要となり、あなたへの 給付額の欄に「公費対象のため不支給」と記載しております。 公費負担分とパナソニック健保の付加給付の重複受給、あるいは公費負担を受給していないのに公費対象となっている場合は、パナソニック健保へ連絡してください。

公費で受けられる医療について

医療費控除について

医療費控除とは被保険者(本人)や家族のために自己負担した医療費が一定の金額を超えた場合、税務署に確定申告をすることにより税金が戻ってくる制度です。

確定申告の際、パナソニック健康からお届けしている「給付金支給決定通知書」と「医療費のお知らせ」は、高額療養費や付加金などの健保が補てんした金額を確認する資料にはなりますが、医療費控除を受けるには、医療費の支出を証明する領収書が必要ですので、大切に保管しましょう。なお、「給付金支給決定通知書」と「医療費のお知らせ」は再発行いたしませんので大切に保管してください。

医療費控除について

PDFPDF(例)アイコンのついたメニューをクリックするとPDFファイルが開きます。 PDFファイルをご利用いただくにはAdobe(R)Reader(R) 7.0以上が必要です。お持ちでない場合は右のアイコンをクリックし、Adobeホームページよりダウンロード(無償)してください。

Get ADOBE READER