健保の取り組み・お知らせ・お願いなど

被扶養者の一斉資格調査

調査の目的

厚生労働省通知の『健康保険証の検認』に基づいて毎年実施し、「過去に被扶養者(家族)として認定されたときの状況が、現在も維持されている」ことを確認するための調査です。

この調査は、被扶養者(家族)が認定基準を満たさなくなった場合、すみやかな(原則、事由発生から5日以内)届出の推進をすることにより、保険給付の適正化を図り、高齢者医療制度にかかる支援金や納付金等の節減へとつながります。

皆さまのご理解とご協力をお願いします。

対象者

20歳以上69歳以下の被扶養者

※健保があらかじめ調査不要と判断した場合は除く

時期

7月中旬より実施予定(2017年度)

必要書類

  • 確定申告書(写)および収支内訳書(写)
  • 別居家族への送金証明書(写)・・・銀行振込受取書または郵便局の書留控え等3〜6カ月継続したもの
  • その他、状況に応じて必要書類の提出をお願いしています

    収入ありの場合 : 直近の給与明細書3カ月分(写)・年金振込通知書(写)または年金証明書(写)・退職証明書(写)等

    収入なしの場合 : 非課税(所得)証明書(お住まいの市区町村にて発行)

【こんなケースは削除申請が必要です!】

  • 就職したが、試用期間中は健康保険の適用が受けられない
  • 月収が108,334円を超えるアルバイトを始めた
  • 就職はせず、自分で商売を始めたが年収が限度額を超える

いずれの場合も、被扶養者の認定基準から外れるため、「回答用紙」で被扶養者の削除申請をしてください。パナソニック健保にて処理終了後、「健康保険資格喪失証明書」を発行しますので、居住地の役所にて国民健康保険への加入手続も必要です。

被扶養者になるための条件(被扶養者認定基準)