退職後の健康保険

保険料の前納による納付について

任意継続・特例退職被保険者保険料一覧表

前納による納付に関するQ&A

保険料を事前に一括して納付することはできますか?

はい。前納保険料の申込みをいただきますと、一定期間分の保険料を事前に納付することができます。
毎月納付のための手間がかからず、納め忘れを防ぐことができます。

どれくらいの期間を前納することができますか?

次の期間について、保険料を前納することができます。

  1. 4月分から9月分、10月分から翌年3月分までの6ヵ月分
  2. 4月分から翌年3月分までの12ヵ月分
  3. 年度途中で任継・特退の被保険者となった場合は、資格取得した月の翌月分から9月分または次の3月分(当該年度の3月分)までの期間

※任意継続期間(2年)の満了や後期高齢者医療制度加入(75歳到達による)の場合等は、資格喪失する月の前月までの期間となります。

4月に加入し、毎月納付していますが、前納するにはどうすればよいですか?

資格を取得した月の翌月以降に前納保険料の申込みをいただいた場合、前納期間の途中からの前納はできません。次回の前納期間から前納することができます。
よって、ご質問の場合、10月分から翌年3月分までの6ヵ月分を9月に納付することができます。

前納保険料の納付期限はいつになりますか?

前納保険料は、前納開始月の前月末日までに納付してください。

  1. 4月分から9月分までの6ヵ月分前納保険料、4月分から翌年3月分までの12ヵ月分前納保険料は、3月末日までに納付してください。
  2. 10月分から翌年3月分までの6ヵ月分前納保険料は、9月末日までに納付してください。

前納保険料を納付期限までに納め忘れたのですが、どうなりますか?

前納保険料を納付期限までに納付されなかった場合は、前納の申込みをされなかったものとして、毎月納付扱いに変更となります。

保険料を前納納付すると、保険料は安くなりますか?

はい、保険料を前納納付されますと、毎月納付した場合と比べて、保険料が割引きされます。(複利現価法による年4%)
任継・特退保険料一覧表をご覧ください。

任意継続・特例退職被保険者保険料一覧表

保険料を口座振替により前納納付することはできますか?

可能です。(別途、口座振替手続きが必要です)

【1年前納】

(4月〜翌年3月分) 引落日 3月20日ごろ

【半年前納】

前期(4月〜9月分) 引落日 3月20日ごろ

後期(10月〜翌年3月分) 引落日 9月20日ごろ

※残高不足等により振替不能の場合は、毎月納付扱いに変更となります。

保険料を前納した期間の途中で、就職して健康保険の資格を取得した場合は、保険料は返還されますか?

保険料を前納した期間の途中で次の理由により任継・特退被保険者の資格を喪失した場合は、その月以降の保険料はお返しします。

  1. 加入者(ご本人)が就職して健康保険等の被保険者の資格を取得したとき
  2. 加入者(ご本人)が後期高齢者医療制度に加入したとき
  3. 加入者(ご本人)が亡くなったとき

上記以外の理由による前納保険料の返還はできませんのでご注意ください。

特例退職被保険者は、次の資格喪失理由による脱退の場合も返還いたします。

  • 家族の扶養に入る
  • 海外居住
  • 生活保護受給
<ご注意>

保険料返還には2年の時効があります。資格喪失要件に該当した場合は速やかに申出願います。

【保険料の還付】

保険料誤納付等した場合の還付請求する権利は、健康保険法第193条により、2年を経過したときは、時効によって消滅する。