退職後の健康保険

任意継続被保険者制度に関するQ&A

退職後もパナソニック健保の健康保険に加入することはできますか?

退職日までに勤続期間が2カ月以上あれば、任意継続被保険者制度にご加入できます。「任意継続被保険者資格取得申請書兼被扶養者申請書」を資格喪失日(退職日の翌日)以後20日以内にパナソニック健保に提出してください(必着)。
期日を超えますと受付できませんので、早めにお手続きください。

就職した場合の連絡はどのようにすればよいですか?

就職による脱退は資格喪失条件に該当しますので、「健康保険資格喪失申出書」を作成いただき健康保険証を添付しパナソニック健保までご提出いただきます。(申出書は「各種届出・申請用紙一覧」よりダウンロードが可能です。ダウンロードができない場合はパナソニック健保までご連絡ください。申請用紙をお送りします。)

※就職の場合は、資格喪失月以降の支払い済み保険料の精算をいたします。
ただし、取得月に脱退される場合(同月得喪という)、当月の保険料の精算はありません。

※健康保険証は、資格喪失日以降は使用できません。資格喪失後に使用(受診)した場合、医療費を全額返納することになります。

再就職先を退職した場合、パナソニック健保の任意継続被保険者制度に戻れますか。

戻ることはできません。

再就職先の健康保険の任意継続被保険者制度にご加入ください。

なお、特例退職被保険者制度の加入要件を満たされる場合は、特例退職被保険者としてパナソニック健保に再加入ができます。

国民健康保険・被用者保険の被扶養者に加入したいのですが脱退はできますか?

“国保に加入したい”、“家族の被扶養者になりたい”等の個人的な理由では脱退することができません。この場合は『保険料未納による脱退』という方法を選択し、当月保険料を10日までに納入しないことによる強制脱退となります。(資格喪失日=当月11日)すでに納入済みの保険料は返還できません。

任意継続被保険者制度の資格喪失要件

【1】 任意継続被保険者となった日から起算して2年を経過したとき

【2】 被保険者が死亡したとき

【3】 保険料を納付期日(毎月10日)までに納付しなかったとき
(特例退職被保険者制度の加入条件に該当し切替えを希望したときを含む)

【4】 会社や団体などに再就職し、その被保険者となったとき

【5】 後期高齢者医療制度の対象となる満75歳になったとき
または65歳以上で市区町村(広域連合)より一定以上の障害があると認定を受け、後期高齢者医療制度の繰り上げ適用となったとき

<脱退の手続き>

◇3月分の保険料納付した後、4月分を納付しないとき

保険証の有効期間4月10日 資格喪失日:4月11日

(1)4/10までに当月分の保険料の納付がなければ11日付けで資格喪失となり、資格喪失証明書を発行します。

(2)届きましたら資格喪失日より14日以内に国民健康保険へお手続きすることで、4月11日に遡って国民健康保険に加入できます。

◇保険料の納付を銀行引落しされている方で、脱退希望のとき

(1)毎月振替の場合
前月の15日までに健保に連絡してください。(例: 3月3日 引落の場合、2月15日まで)

(2)前納振替の場合
振替月の前月までに健保に連絡してください。(例: 3月22日 引落の場合、2月末まで)

国民健康保険に加入する際に「健康保険資格喪失証明書」が必要と言われました。どうすればよいですか?

パナソニック健保まで電話にてご連絡ください。脱退(資格喪失)月の前月までの保険料納付を確認のうえご自宅宛に郵送いたします。
ただし預金口座振替の場合、口座振替停止の処理上、脱退希望月の前月15日までにご連絡が必要です。
(前納一括払いで引落をされている場合は、引落月の前月末までにご連絡ください) また、国民健康保険への加入手続きは、任意継続被保険者制度の脱退(資格喪失)後、14日以内に行ってください。(この期間内であれば、国民健康保険の認定日は、任意継続被保険者制度の脱退(資格喪失)日まで遡ることが可能です)

任意継続被保険者制度の保険料を、納付期日の10日までに納付しなかった場合、どうなるのでしょうか。

任意継続被保険者制度の資格喪失条件に該当し、納付期日の翌日から資格を喪失することになりますので、ご注意ください。

例:3月分保険料を納付、4月分保険料未納 → 4/11資格喪失