健康保険のしくみ

健康保険とは

健康保険は、業務外で病気やけがをしたときや、休業、出産、死亡といった事態に備える公的な医療保険制度です。日本には地域や職域、年齢などに応じた公的な医療保険制度がありますが、いずれも加入者が支払う保険料を主な財源とし、必要な人が必要なときに、必要な医療を受けられるしくみが整えられています。

健康保険組合と運営

保険料の徴収や保険給付などを行う運営主体を「保険者」といい、職域(企業)の健康保険の「保険者」には「健康保険組合」と「全国健康保険協会(協会けんぽ)」の2種類があります。
「健康保険組合」は、企業が単独もしくは同種同業の企業などが集まって設立する公法人で、健康保険法に基づいて設立され、健康保険組合ごとに独自の運営を行うことができます。会社(事業所)と従業員(被保険者)が負担する保険料を財源として事業が運営されています。

健康保険組合と運営

健康保険に加入する人

健康保険組合の適用事業所(会社)と事実上の雇用関係が生じたときに、従業員は「被保険者」となります。本人や会社(事業所)の意思に関係なく、すべての方が原則として強制的に被保険者になります。
被保険者の資格は入社したその日から、会社(事業所)を退職する日、亡くなる日、または後期高齢者医療制度に加入する日まで継続されます。

被保険者(本人)になったとき