保険給付の種類としくみ

医療費に関するQ&A

入院して高額な医療費を支払いましたが、いくら払い戻しがありますか?

医療費(保険診療分)の自己負担が限度額を超えた場合、超えた額は高額療養費として払い戻しされます。また限度額未満の自己負担のうち25,000円を超える部分はパナソニック健保独自の制度、付加給付として支払われます。したがって、1人1カ月1病院ごとの自己負担は約25,000円までとなります(入院と外来は別になります)。

※差額ベッド代などの健康保険対象外の費用や入院時の食事代は払い戻しの対象外です。

高額な医療費を支払ったとき(高額療養費)

高額療養費・付加給付の払い戻しを受ける場合、手続きは必要ですか?

原則自動的に行っていますので請求の手続きは不要です。(給付は受診月の3〜4カ月後になります。)ただし、【1】パナソニック健保の資格を喪失後に給付がある場合 【2】公費などの助成制度を受けている人が25,000円以上の自己負担が発生した場合などについては請求が必要となります。詳しくは「医療費給付が自動給付にならない場合」をご確認ください。

医療給付金が自動給付にならない場合

乳幼児の医療費助成を受けていますが、医療費の自己負担が発生しました。どうすればいいでしょうか?

現在の乳幼児医療は市区町村により規定が様々なため、すべてを把握することができません。パナソニック健保では公費制度が優先のため、まず、お住まいの市区町村へお問い合わせください。一部の市区町村によってはパナソニック健保へ「高額療養費付加給付金請求書」の提出が必要な場合もあります。

乳幼児医療女性制度加入状況の照会

急に入院することになり、『限度額適用認定証』の申請手続きを事前に行うことができませんでした。どうすればいいですか?

『限度額適用認定証』を使った場合は、窓口負担額が法定の自己負担限度額までとなり負担が軽減されますが、使わなかった場合は3割(未就学児は2割)を一旦窓口で支払うことになります。その後、診療月の3〜4カ月後に高額療養費・付加給付金を支給しますので、『限度額適用認定証』を使った場合、または使わなかった場合も最終的な自己負担額は変わりません。詳しくは「高額療養費『限度額適用認定証』の交付について」をご確認ください。

高額療養費「限度額適用認定証」の交付