保険給付の種類としくみ

はり・きゅう・あんま・マッサージ請求に関するQ&A

はり・きゅう、あんま・マッサージの請求方法について教えて下さい。

一旦、受療者が施術費用の全額を支払い、パナソニック健保に「療養費・第二家族療養費請求書(はり・きゅう用)、療養費・第二家族療養費請求書(あんま・マッサージ用)」(以下、「療養費請求書」という)に施術者の証明を受け、療養費を請求して下さい。

請求方法(償還払い)

鍼灸院(はり師・きゅう師)で健康保険が使えるのはどのような場合ですか。

  • 神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症などの6疾患(慢性的疼痛を伴う症状のもの。)
  • 主治医が医学的所見、症状経緯等からこれ以上治療手段がないと判断した同意書がある場合

鍼灸院(はり師・きゅう師)で健康保険が使えないのはどのような場合ですか。

  • 急性の痛み
  • 同一傷病で保険医療機関の治療(療養費同意書交付を除く)を受けている場合
    ※投薬(貼付薬含む)を受けている場合も治療となります。
  • 柔道整復師やあんまマッサージ師の施術があった場合
  • 保険医療機関に入院中の場合
  • その痛みについて医師による治療を受けたことがない場合

あんま・マッサージ治療院(あんまマッサージ指圧師)で健康保険が使えるのはどのような場合ですか。

  • 脳血管障害などの麻痺による半身麻痺・半身不随など
  • 筋麻痺、関節拘縮など、医療上マッサージを必要とする症状で医師の同意があるもの
  • 骨・関節手術後などによる関節運動機能障害
  • 関節リウマチについては関節拘縮などの在宅患者に必要のある場合

あんま・マッサージ治療院(あんまマッサージ指圧師)で健康保険が使えないのはどのような場合ですか。

疲労回復やリラクゼーションを目的としたもの・疾病予防のためのマッサージや保険医療機関に入院中の場合です。

医師の同意書は毎月必要ですか。

新規の場合は必須です。その後は要加療期間(最長3カ月)毎に医師の同意を得て、施術者が請求書の同意記録欄に記入する場合でも可能です。ただし、あんまマッサージの施術のうち、変形徒手矯正術を受ける場合は毎月同意書が必要です。

また、同意書添付から1年を超える場合は必ず診察をして、医学的所見、症状経緯などに基づいた同意書の交付を受け添付が必要となります。

医師の同意書の有効期限はいつまでですか。

要加療期間内で最長3カ月()となります。

初療日・再同意日が1〜15日の場合は、当該当月の翌々月の月末
初療日・再同意日が16〜31日の場合は、当該当月の3カ月後の月末

例

請求書は、2、3カ月分まとめて送付してもいいのですか。

請求書1枚につき1カ月分(1日〜月末)をご請求ください。3カ月分3枚を一度に送っていただいてもかまいません。ただし、請求の時効は療養費を支払った翌日から2年です。

給付金の支払いはいつどのように行われるのでしょうか。

原則として毎月月末迄にパナソニック健保に届いた請求書については、内容を審査し、早くても受療月の3ヶ月以降に支給額を決定し、給与にて支給します。 任意継続被保険者・特例退職被保険者については、早くても受療月の3ヶ月以降の25日頃(銀行が休日の場合は前日)に被保険者の指定銀行口座に振り込みます。