保険給付の種類としくみ

柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方

整骨院・接骨院で施術を受けた場合に健康保険組合に請求される柔道整復師の療養費は、医科と比較し、健康保険の使える範囲の誤解があることなどから、誤った受療が多く行われています。
柔道整復師は国家資格ですが、医師の資格ではありませんので、健康保険が使える症状は限定されています。

整骨院・接骨院で健康保険が使えるとき

健康保険が使えるのは、外傷性の捻挫・打撲(肉離れ等)・骨折・脱臼だけで、 骨折や脱臼については医師の同意が必要です。応急処置など止むを得ない場合には、医師の同意がなくても施術が受けられますが、応急手当後の施術には、医師の同意が必要です。

次のような場合は整骨院・接骨院で健康保険が使えません!(全額自己負担になります)

  • 単なる(疲労性・慢性的な要因からくる)肩こりや筋肉疲労
  • 脳疾患後遺症などの慢性病や症状の改善のみられない長期の施術
  • 保険医療機関(病院、診療所など)で同じ負傷等の治療中のもの
  • 労災保険が適用となる仕事中や通勤途上での負傷
  • 医師の同意のない骨折や脱臼の施術(応急処置を除く)

柔道整復師にかかるときは

負傷原因を正確に伝えましょう。

外傷性の負傷でない場合や、負傷原因が労働災害に該当する場合は健康保険は使えません。また、交通事故に該当する場合は、パナソニック健保への連絡が必要です。

療養費支給申請書の負傷原因、負傷名、日数、金額をよく確認し、必ず自分で署名しましょう。

「療養費支給申請書」は、受療者が柔道整復師にパナソニック健保への請求を委任するものです。白紙の用紙にサインするのは間違った請求につながる恐れがありますので注意してください。

病院での治療との重複はできません

同一の負傷について、同時期に整形外科の治療と柔道整復師の施術を重複して受けた場合、原則として柔道整復師の施術料は全額自己負担となります。

※施術が長期にわたる場合、内科的要因も考えられますので、医師の診断を受けましょう。

柔道整復師(整骨院・接骨院)の施術に関するQ&A