被扶養者(家族)の加入

被扶養者になるための条件(被扶養者認定基準)

健康保険では、被保険者(本人)に扶養されている家族にも保険給付を行います。
扶養されている家族のことを「被扶養者」といい、被扶養者になるためには、

(1)主として被保険者(本人)の収入によって生活していること

(2)被扶養者となる人の年間収入が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、被保険者の収入の2分の1未満であること

※税控除の年収の対象期間は1月から12月ですが、健保の被扶養者認定基準における年収は、今後の年間見込み額を随時算出して判断します。

(3)3親等以内の親族であること

などの条件を満たすことが必要です。これらの条件を公正に審査した上で、健康保険組合の認定を受けると「被扶養者」となることができます。

【注意】

後期高齢者医療制度の方は、被扶養者になれません。

別居している場合は、対象者の年間収入が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、かつ、その額が、被保険者からの仕送り額より少ないこと。

対象者に被保険者以外の生計維持関係が強い親族がいる場合には、その親族の収入も加味した判断基準を設けています。

被扶養者資格チェック表
被扶養者(家族)に関するQ&A
被扶養者認定の留意点
被扶養者(家族)に関するQ&A