介護保険とは

介護保険制度

介護保険制度は、自治体(市区町村)が保険者となって運営し、申請の受付や認定などの手続きも自治体(市区町村)が行います。40歳以上の人が被保険者(加入者)となって保険料を納め、 介護が必要であると認定されると、認められた範囲内で介護サービスを自由に選び、利用することができます。

介護サービスを利用できる人

  • 65歳以上の人(第1号被保険者)
    寝たきりや痴呆などで入浴、排泄、食事などの日常生活に、介護や支援が必要であると認められた人。
  • 40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人(第2号被保険者)
    初老期痴呆、脳血管障害など老化にともなう病気(特定疾病)によって介護や支援が必要であると認められた人。

65歳以上のすべての人に「介護保険証」が交付されます。「介護保険証」は 申請時や、介護サービスを受ける時に必要ですから、大切に保管してください。 40歳〜64歳の人には、一定の条件を満たし、介護が必要と認定された人だけに交付されます。

サービス利用の手続き

介護保険のサービスを利用するためには、市区町村などの窓口に申請して認定を受けることが必要です。

サービス利用の手続き

介護保険のしくみ

介護保険の財源

介護保険の主な問い合わせ先

市区町村の窓口に直接お問い合わせください。専門知識を持つ職員が配置され、いろいろな相談を受け付けています。

介護保険の加入対象者
介護保険料