健康保険証と被保険者(本人)の加入

70歳〜74歳の健康保険(高齢受給者制度)

高齢受給者制度とは

70歳を迎えられた方で後期高齢者医療制度の対象者でない被保険者(本人)及び被扶養者(家族)の方を「高齢受給者」といい、医療費の自己負担限度割合は原則2割となります(誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割)。ただし現役並み所得者については3割負担です。

パナソニック健保の特例退職被保険者の方は原則2割負担となります
区分 一部負担割合
現役並み所得者 3割
一般

2割

現役並み所得者とは70歳以上の被保険者(本人)のうち、標準報酬月額が28万円以上の方と その70歳以上の被扶養者(家族)です。新たに現役並み所得者と判定された方は負担割合軽減 の対象となる場合があります。

被保険者(本人)が70歳未満の場合、その被扶養者(家族)である高齢受給者の自己負担割合は全て2割です。
(誕生日が昭和19年4月1日以前の方は1割)

高齢受給者の負担割合の軽減について
70歳〜74歳(高齢受給者)の高額療養費等について
資格取得月と「高齢受給者証」

70歳に達した月の翌月1日から高齢受給者となります。ただし、誕生日の前日が年齢到達日となります。

【例】4月1日生れで70歳に達した人は当月の4月1日から高齢受給者となります。
4月2日生れで70歳に達した人は翌月の5月1日から高齢受給者となります。

70歳に達した「高齢受給者」の方には、資格取得月の前月末までに、健康保険証と高齢受給者証とが一体となったカードをお届けします。(任意継続被保険者および特例退職被保険者の本人・家族の方には直接ご自宅へ送付)
それまでお使いいただいた健康保険証は、「高齢受給者証」の発効日以後使えなくなりますので、パナソニック健保までご返却ください。

75歳になったとき

日本国内に住所を有する被保険者または家族(被扶養者)が75歳に到達された場合、パナソニック健保の資格を喪失し、後期高齢者医療制度へ加入することになります。(パナソニック健保の資格は75歳の誕生日の前日まで)

後期高齢者医療制度(75歳からの医療保険制度)
後期高齢者医療制度への加入を選択するとき

65歳以上の方で一定以上の障害があると認定を受け、「後期高齢者医療制度」への加入を選択すると、パナソニック健保の資格を喪失して、「健康保険証」は使用できなくなります。市区町村発行の「後期高齢者医療被保険者証」をご使用ください。
また、「健康保険被扶養者異動届(減)」にパナソニック健保発行の「健康保険証」と「後期高齢者医療被保険者証(写)」を添付して提出してください。

提出書類名 提出期限 補足・注意事項 用紙ダウンロード
健康保険被扶養者異動届(減)   パナソニック健保発行の「健康保険証」と「後期高齢者医療被保険者証(写)」を添付 在職者 健康保険 被扶養者異動届(減) 健康保険 被扶養者異動届(減) 記入例
退職者 健康保険 被扶養者異動届(減)(退職者) 健康保険 被扶養者異動届(減)記入例(退職者)

【提出先】

在職者の方:各事業所人事担当部署
退職者の方:パナソニック健保

PDFPDF(例)アイコンのついたメニューをクリックするとPDFファイルが開きます。 PDFファイルをご利用いただくにはAdobe(R)Reader(R) 7.0以上が必要です。お持ちでない場合は右のアイコンをクリックし、Adobeホームページよりダウンロード(無償)してください。

Get ADOBE READER