定期健康診断

定期健康診断

労働安全衛生法に基づき、被保険者(現役従業員)は年1回定期健診を受けることが義務付けられています。自覚症状がある場合や数値が年々悪化する場合は、病院に行ってきちんと診察を受けましょう。

またパナソニック健康保険組合では、被保険者(現役従業員)の方の健康の保持増進を図ることを目的に、当健保独自で実施している検査項目がございます。年に1度は健康診断を受け、その結果を有効にご活用ください。

定期健康診断検査項目と対象者

  検査項目 40歳
以上
35歳 30歳 その他

法定項目

既往歴および業務歴の調査 全員
自覚症状および他覚症状の有無の検査
身長・体重・視力および聴力の検査
胸部X線検査
血圧測定
腹囲 ×
貧血検査(赤血球数・血色素量) ×
肝機能検査(AST・ALT・GGT) ×
血中脂質検査
(LDLコレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪)
×
血糖(空腹時血糖・HbA1c) ×
心電図検査(安静時心電図検査) ×
尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査) 全員

法定外項目

貧血検査(白血球数・ヘマトクリット) ×
腎機能検査(尿酸・クレアチニン) ×
B型肝炎ウィルス抗原検査 ×
胃部X線検査 × × ×
便潜血反応検査 × × ×

※法定項目 : 労働安全衛生規則第44条で定められた項目

※法定外項目 : 当健保独自で実施している項目

※赤字: 30歳は法定外項目

※B型肝炎ウィルス抗原検査 : 未受診の方のみ実施

※当該年度の3月末時点の年齢を適用

定期健康診断Q&A